2013年11月 7日 (木)

11月2日 上信電鉄感謝フェア

先日の通り、全てがおっくうだ。でもこのままではいけない。

とにかく行動せねば。Dscf9821 本来なら他に行く場所があったが、方向が一緒なので高崎で途中下車することに。

ネットで「群馬県」を調べるとかなりエグい所になっているが、本当だろうか。

Dscf9825 連休の初日とあって東京発車時点で満席だ。

高崎到着前にそこそこ盛大にイベントが行われていたのが車内から見えた。Dscf9826 高崎に到着。駅は以前と比べてだいぶ変わった。南へ歩く。Dscf9827 地味なこの看板が会場の目印だった。でも、

            ↓Dscf9835 グンマーちゃんがお出迎え。

そして、作業着を着た人に「どうぞどうぞ」と手招きをされて入った場所は、Dscf9828 「これだ!!」

さらに奥へ。Dscf9830 感動モノだ。Dscf9832 そして体験乗車中のデキを覗き見る。そう、これはご存知Imgp0578 ED31だ。

さて、もうひとつのオドロキは、Imgp0585 新車7000系だ。

この後ストライプ塗装が入れられるだろう。そう、6000系と250系が同時に入線して無理して見に行ったのを思い出す小学5年生。あれから30年以上ぶりの新車だ。そしてその奥には、Imgp0586 こういったサービスまで行われていた。

いちばんの目玉は、Imgp0580_2 デキ。

1は修復されての再登場と聞く。場内を何往復もして健在ぶりをアピール。御年90歳。Imgp0611 最後は臨時列車で一往復。発車を見送った。

Dscf9851 ED31とぐんまちゃんに別れを告げ、会場を後にした。

| | コメント (2)

2011年10月 2日 (日)

都電の花電車

マスコミでも話題になった都電の花電車。
花電車という言葉もなんだか温かみのある言葉です。
面影橋で待ち構えます。
T1


通過予定20分前。結構な人が集まりました。
実際通過時刻はこの2倍くらいのギャラリーと警備警察がいました。
T2


来ましたね。バースデーケーキはやはり目立ちます。
T3


停車中にサイドビューを撮影。これはとても「かわいい電車」ですね。
「がんばろう日本」が勇気付けられ、「花100」の称号も良いです。
T4


苦労しながら歩道橋から上部を撮影。
小さな電車一台で沿線都民大盛り上がりです。
この電車改造をGOしたのは都知事ですか?であればGJです。
おまけ。
神田川のほとりを散歩。
T5


すべてをぶち壊す一枚。

| | コメント (2)

2011年8月17日 (水)

快速ムーンライト信州90号・92号

今年も運転された「諏訪湖花火大会号」
国立駅で撮影。
1201 先発の90号はE351系。
1203 後続の92号はE257系。
いずれもほぼ満席状態。
この2列車、時刻表を見ると、塩山~大月間でかなり時間をかけている。
塩山と甲斐大和だろうか、長時間停車で時間を稼いでいるみたいだ。
一度乗車したくなってきた。

| | コメント (4)

2011年7月29日 (金)

三岐鉄道80周年 2

San2 朝から暑い。San20
しかしいちばんの問題は「三岐」がパソコンで変換できないことかな。
San21 これを見たかった。
ED5082。もと東武ED5082。2003年の引退後譲渡されたものの、7年も雨ざらしで放置されて、こりゃ部品取りかと諦めかけての復活だから。
いや~、うれしいね。
San225 もう一両は、整備中。

そして、大本命はこれ。
San22 ED301。もと南海ED5202。普段は工場敷地内の入替用で滅多に見れない。
東芝製の実用的な凸型で戦後製のためスッキリした外見です。
この2両、プラ板からスクラッチして模型にしたい。
San226 東武だ!西武だ!南海だ!祭りだ!といった興奮状態。
すこし離れた場所へ移動して貨物を撮影。
San23 ヘッドマーク付きもやってきた。
San24 しかし暑い。焼けるように暑い。

| | コメント (2)

2011年5月 3日 (火)

4月のまとめ 2

NEVER GIVE-UP 東北
午前4時40分猪苗代でバスを降りる。4月だというのに寒い。風も冷たい。マイナスだろう。
東京の「一番寒い日」よりも冷える。
被災者の人たちは毎日この寒さに耐え続けているのだろう。頭の下がる思いだ。
撮影ポイントまで歩き、やってきた列車を撮影する。
かなり寒かったがただ夢中でシャッターを押した。
470 素手になったのはその時僅か数秒だけだが凍傷にかかりそうであった。
その場所で知り合った人の車に乗せてもらい、駅まで。
僅か数分だが、温まるひと時だった。
電車で会津若松へ、レンタサイクルでおおよその撮影場所に移動。
476 2本目。塩川~会津若松間。
そして広田付近へペダルをこぎ、もう一枚。481 
490  力強く胸熱くなる光景だった。

画像を修正させていただきました。

| | コメント (2)

2011年1月28日 (金)

京王競馬場線6000系

ガキの頃から世話になっているこの車種もどうやら今日でお別れです。
なので無理して見て来ました。396
GX61マークIIとか430セドグロの様な角ばったデザインが流行った当時、丸みの強いスタイルの5000系は古臭く感じ、この6000系が好きだった。
当時は特急(新宿平日0,20,40分発)の運用が中心で、先頭パンタ姿で府中街道付近の築堤を走る姿は力強かった。
休日はハ・サン運用(友人たちで勝手に命名)で高幡不動での分割・併合もあった。
春秋は「陣場」は5000系、続行の「高尾」は6000系がデフォ。今だったら涙もの。
プレイモデル(Nゲージブックに収録)を参考に103系をベースにNゲージを作ったこともあった。
しかしこの6000系が次々に量産されると今度はつまらなくなってしまい、新形式(7000系)の登場が待ち遠しかった。
7000系が登場すれば、この6000系はごくありふれた形式になってしまい、興味がなくなってしまった。
392 「通学」「通勤」のアシとして活躍してくれたこの形式もいよいよ終焉となる。
先に登場した5000系はスタイルと中型車の強みで地方私鉄で多くが現役であるのは皮肉な結果。391

| | コメント (2)

2010年11月10日 (水)

さようなら西武101系

4322 昨日をもって西武「旧」101系が運用を終えた。

日曜日に多摩川線での最後の活躍を見に行った。

4323 これで多摩川線から「黄色い電車」が撤退し、全てが白い電車になる。

京王6000系(基本編成)、中央線201系、そして西武101系と「常連」が全て退いた。

Photo さて、多摩湖線に2000系が入線。ということは、259Fが多摩川線に配属準備、という事だろうか。

| | コメント (2)

2010年11月 1日 (月)

西武101系259F

4320 前回の更新は目の錯覚ではなかった。
やはり白く塗られていた。
多摩湖線もいろいろな種類の車両が走っています。
この時も4319
リバイバルカラーが走っておりました。
ワンマン車はみんな白くなってしまうのでしょうか。

| | コメント (0)

2010年10月 6日 (水)

西武トレインフェスティバル2010 2

Festa2 昨日に引き続き、会場にて今更ながら気に入った車両をイマジネーションで紹介。

E52型(鉄道省1020→ED12型)1923年スイス製。
E521 E522 特徴あるスタイルはとても魅力的。

E43型(青梅鉄道1013→国鉄ED36型)1930年イギリス製。E432
他の電機に比べて出力も小さくどちらかといえばおとなしめのスタイル。
兄弟が近江(東武)、秩父、近鉄などにもいた。

E61型(鉄道省1010→ED11型)1923年アメリカ製。E611 E612
側窓の「田」型が特徴。輸入機の中では最も出力が大きい。

ED10型(鉄道省1000型)E71型1922年アメリカ製。E711 E712
数年前のイベントより茶色に戻った。この機関車が国産の礎になったのか?

| | コメント (2)

2010年10月 5日 (火)

西武トレインフェスティバル2010

日曜日にイベントがあったので横瀬の会場に行ってみた。
Festa_2 当日の行き当たりばったりの行動である。
ここの常連と偶然落ち合い、行動を共にする。

E854_2 E854型
私鉄機関車のなかで最大出力を誇ったご存知E851型。

Red 5000系レッドアロー・351系
どちらも原型に近いスタイル。

E311 E31型
個性的な車両たちの中では地味であったが、先日のさよなら運転から日が浅いのでまだ人気者。
他の3両は大井川鉄道に譲渡された。

続きはあした。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧