2017年9月14日 (木)

鬼怒川温泉へ移動

会津高原尾瀬口から、鬼怒川温泉へ移動する。
切符は、そこまでは途中下車可能だ。
Imgp1450
新型車両「リバティー」がやってきた。
Imgp1453
すれ違う車両は「マウントEXP」だ。Dscn0100
ピカピカの車内。
Dscn0103
野岩鉄道を走り、鬼怒川温泉駅に到着。
ここで、わかっていながら改めて驚く。
       ↓
Imgp1457
鬼怒川温泉のホームに「14系客車」が据え付けられて感動。
そして、側線には、
Imgp1459
C11「大樹」。
そう、この日は運行開始3日目だ。
発車が近いので、駅近くの陸橋に移動して、そこから狙う。
そして撮影。Imgp1475_2

| | コメント (0)

2017年7月 2日 (日)

小淵沢より帰宅

Dscn0232
小淵沢から甲府行きに乗車します。車両は1000番台。これで高尾まで行ってくれれば、と思うところでしょう。

連休中なのでどれほどの混雑かと予想するが、Dscn0234
ボックスすらがら空き。

Dscn0237
日野春の停車時間を使って撮影タイムまでできた。Dscn0243
夕暮れ時の甲府から、高尾行きに乗車。他の乗客たちはみな、特急にしか目が行かない。Dscn0244
ロングシートでもがらがら。Dscn0246
結局終点まで座席が埋まることはなかった。

| | コメント (0)

2017年5月 6日 (土)

2017年2月および3月のまとめ

すっかりご無沙汰になってしまいました。

さて、記憶をたどってみます。

Dscn0022

2月、確定申告。税務署が夕日にギラリ。眩しいぜ。

一昨年のリノベーションの減価償却費で納税なし。夕日が眩しいぜ。

つづいて3月。

3連休で気づいた事。「東京都から外に出ていない」事実。

このままではデブ症(当て字)になってしまう。

天気も良いので、山梨を往復してみる。Dscn0023
いつもどおりビュー山梨に乗車。Dscn0027
車窓の写真は何枚も撮ったが、アップは少なめにしておきますので、この勝沼の停車中のみで。Dscn0029
まだ桜のつぼみは小さいですね。Dscn0030
定刻に甲府着。

今回のランチ。Dscn0035
紐を引くと熱くなる弁当。Dscn0036
暖かい弁当が食べられたのは良かったが、発車前ながら身延線の車内に臭いを充満させてもうた。

さて帰宅。ビューやまなしの入線までなんとなく写真を撮っていた。Dscn0054
う・し・ろ??

Dscn0055_2
四季島キターーーーーーー!!!

Dscn0056
興奮さめやらぬまま乗車。Dscn0058
なんとも平和な一日だった。

翌日、左ひざがかなり痛いが、ちょっとしたイベントに参加。Dscn0059
グループが違うのでほぼアウェーな状態でスタート。しかしゲームなどで知り合いも増えていった。Dscn0074
♂が混じっているし、そういう商売の人たちではないが、グループ違っても女子高生の制服コスプレが好きな人が多いのか。

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

2017年3月

そういえば、昨年12月で、
「ブログ開設10年!!」
という節目の月だった。
しかし、悲しいかな、ほぼ休眠状態。
特に遠出している事もなし、面白い事をやっている訳でも今のところなし。
気持ちに余裕がでたらまた、再開します。

| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

2016年11月 某大学の学園祭

C大学の学園祭
ようやっと時代に追いついてきた。
さて、管理人はJR九州の株なぞを購入し、金欠に拍車がかかってしまった。
というわけかどうか知らないが、C大学の学園祭に行ってみた。
学園祭を覗くのは10年ぶり、前回は撮影もかなり制限されていたと思った。
そもそもあまり公開されていないので、良いチャンスだ。
Dscn0001
さっそく正門前。学園祭と思えぬ警備がものものしい。
Dscn0003
先着200人だけに配られる土産品をゲット。
Dscn0004_2
民族衣装姿の女性からいただく。
この時点で、まだこっそり撮影していた。
ステージや料理はまだ準備段階なので、校内の見学をする。
Dscn0008
この大学のいきさつなどを展示するコーナー。個人的には偏見は持っていないので、あまり神経質になる事はないとは思いますが。
Dscn0009
Dscn0011
貴重な展示物がある記念館に入る。
古い資料だけでなく、動植物や昆虫類の剥製などがあり、機密情報ではないが、なぜか学生さん達が常に監視し、後で聞くと、撮影は禁じられていた。
そこを出ると、コーヒーや記念品やらを販売していた。
Dscn0018
どさくさにまぎれて一枚。
すぐに見つかり、どうなるか。
Dscn0019
ポーズを決めてくれた。なんてすばらしい人たちだ。
ここの大学が好きになり、コーヒーとバッチを購入した。ただ、ここで「首領様のグッズはありませんか。」と空気読まず尋ね、固まらせてしまったことは唯一の反省材料。
とはいえ、もう警戒心は無用。
Dscn0025
さて、露店もそろそろ始まってきた。どこのどれを試そうか。
Dscn0027
この自虐ネタが気に入ったので、ここに決めた。
Dscn0028
学生さんがテンション高く調理したこの鶏肉のからしみそあえ。
Dscn0030
味は見て想像の通りであった。400円。
Dscn0031
ステージもコーラスや、
Dscn0034
踊りなどが始まり、なかなか楽しい物だ。

長時間はいなかったが、日本にいながらにして異国を楽しめた感が強かった。

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

2016年10月 千葉から始まる長い一日

これは最終週の話。
Dscn0004
賃貸物件が空室になってしまったので、経費削減の意味もあり、安いホテルに宿泊。
Dscn0005
これは船橋のカプホ。それなりに快適だったが、翌朝みると結構歓楽街の中にあった。
翌朝、まず一番でここで用をする。
Dscn0006
種目は200m個メ。夏同様、年齢とともにタイムが落ちる。
せっかく習志野まで来たので、帰りに本八幡で途中下車。
Dscn0012
15分くらい歩いたところに、なぜか銚子のデキ3が置いてある。
Dscn0009
これはまぎれもなく本物。こんなさらし者にされるのならレプリカであってほしかった。
Dscn0015
そしてBトレインのイベント。
夜に招集がかかったので早めに失礼した。
ここから先はご覧の皆様には謝らなければいけません。
Img_0143
この店に集合。真ん中のlinkです。
出てきた食べ物は残念ながら満たされるものではなかった。
締め(というより諦め)の時間近くに、メンバーのお嬢さん達が、
Img_0115
「女子高生」コスプレktーーーーー!!
我々ヲヤヂ達を楽しませてくれる。写真はこれだけにしておきます。
Img_0142_2
挙げ句の果てに記念撮影。
皆様、本当に申し訳ございません。

| | コメント (0)

2016年10月10日 (月)

7月 京都鉄道博物館 2

Dscn0409
鉄道博物館を堪能したら、こんどは京都駅まで歩いて帰ります。
梅小路公園は、かつて貨物駅だった場所とのこと。
あれ?
Dscn0411
京都市電がたくさん保存されています。初めて知りました。
Dscn0416
車内はカフェや休憩室になっています。バッテリーで走行する単車もいましたが、撮影はできませんでした。
もう少し時間が欲しかったですね。

| | コメント (0)

2016年10月 9日 (日)

7月 京都鉄道博物館

Dscn0330
春にオープンしたばかりの京都にある鉄道博物館に行ってみた。梅小路機関車館と大阪の交通科学館が合体したものというので、楽しみだ。
Dscn0333
京都で下車。
初めてではないが、梅小路時代から30年3か月ぶりの訪問なので、正確な記憶がない。
こんな時はバスで移動。
Dscn0382
スムーズに現地到着。
まず最初に出迎えてくれたのは、
Dscn0383
「C62と80系と0系」かつての東海道のスターたちである。
Imgp1212
C62に連結されている客車を窓の外から見学。Dscn0387
豪華だ(もうちょっと良い言い方があってもいいが)。
Imgp1216
少し歩くと、「DD54とクハ103」等が展示。なぜか103系の写真ばかり撮っていた。
さて、隣のメインホールの入り口に入ると、
Imgp1218
ここをイメージする3両の先頭車。模型みたい。
Imgp1226
Imgp1228
Imgp1229
Dscn0400
奥に行けば、こんな車両たちも保存されています。
Imgp1234
さらに別棟へ行くと、トワイライトとEF58が並んでいます。
Imgp1239
いちばん後ろは、EF65-1です。
おなかいっぱいで帰路に、と思いきや、大事な場所を忘れそうだった。
そう、扇形機関庫。
Imgp1260
おなじみの形式がズラリですが、1080号機が好きなので、それだけアップしておきます。
Imgp1252
この日のスチーム号は、C62です。
お土産も充実、きりがありません。

| | コメント (0)

2016年8月20日 (土)

テスト

半年以上、放置しております。
決して逃亡したわけでも、亡くなったわけでもありません。
ただ、ブログができる環境ではないので、じつに更新しづらい状況ですが。
まあ、この盆休みを利用してちょっとずつ、出かけた記録を中心にたまっているネタをアップしていければ、と思います。
管理人

| | コメント (0)

2015年12月19日 (土)

2015年10月その1

10月早々に、5年ぶりに中学時代の同窓会があったので、出席した。Img_1796
(写真は別の日に撮影)
中学に進学するときに、親の勝手な理由で転校ならぬ、いわゆるぼっち入学で3年間、世話になった。
当時を振り返れば、入学当初はやたら小学時代にばかり固執し、周りからは、それこそ大きなお世話と思われていたかもしれない。
そんな人脈もなければ、これとて才能もない、良くも目立った存在でない自分に声がかかるとは、そのことに感謝しなければいけない。
卒業以来30年会っていない人もいるだろう。現在の本人は、独身ではあるが、
①(どうあれ)有名な会社に勤めている。
②マンションを2件所有して、それでも生活を賄えている(?)。
こんな切り札を忍ばせて、参加しました。

さて、久しぶりに見る面々は、懐かしい。参加者は約70人くらいで、前回よりも減っている。
話がはずむ、はずだが、どこから切り込んでよいかはわからない。とにかく聞き役に回る。時には記憶をフル回転させて、思い出してあげる。
この聞き役と記憶と、いわゆる大人の対応をしたおかげで、好印象をあたえる事ができた(と思う)。
およそ3時間、2次会も考えたが、心臓や膀胱を含めて限界を感じたのでここまでで終了した。

そして月末最終土曜日、例年のとおり千葉国際で試合があるので津田沼で前泊(馬鹿)。
Img_1804
早い時間のプログラムなので、一番で乗り込み、試合に臨む。ここから主語はなくなります。Img_1805
13年間14回も付き合ってきた拠点のあまりの杜撰な対応にいい加減腹が立ったので袂を別ち、今年は違う拠点から参加。
200の結果3分10秒・・。微妙な結果でした。他にお手伝いをして会場を後にした。

新宿まで出て遅めのランチ。Img_1808
あの有名経営者の居酒屋です。Img_1807
メニュー写真にやや偽りがあるようです。でも24時間死ぬまで働かされている経営方針にのっとった従業員には罪はないでしょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧