2017年9月 9日 (土)

尾瀬2017 3

尾瀬沼ビジターセンターから沼山峠まで歩く。
先ほど下ってきた道を今度は登らなければならない。
Imgp1449
ちなみにこれが最後の写真。
どちらかというと緩やかな登りだが、えんえんと続くと、やはり辛い。
およそ40分登り、今度は下ること約20分、沼山峠に着いた。
Dscn0085
天気も芳しくなく、たまたまバスの発車時間も近いので、乗車して帰路につく。
Dscn0088
尾瀬を後にすると、バスは川沿いに走る。
Dscn0091
その後、のんびりした長閑な風景の中を走る。
Dscn0092
2時間ほどで会津高原尾瀬口に到着。

| | コメント (0)

2017年9月 3日 (日)

尾瀬2017 2

Dscn0071
尾瀬沼ビジターセンターから、西へ歩く。尾瀬沼の南側を歩いてみる。
しばらく歩くと、木道が途切れ、一部このような悪い道になっていた。
Dscn0070
この写真を撮影した直後、ぬかるみに足をはめる。
Dscn0073
木道も整備が行き届いていない部分が多く、注意しながらの歩行になる。
そういえば、ハイカーが少ないことに気づく。
どうやら「裏道」を歩いているらしい。
Dscn0074
時には迂回路を歩くこともある。Imgp1432
しかし、尾瀬沼のすぐそばまでアクセスできる。
Dscn0077
かなり時間を要し、ようやく沼尻に到着。
Imgp1438
休憩をする。陽が差してきたら急に暑くなった。
Dscn0078
休憩所があったらしいが、状況からすると、どうも火災になったらしい。
後で調べたら、やはりそうだった。

ここから尾瀬ヶ原まで約2時間半。時間的に厳しいので、ここで引き返すことにした。

Imgp1440
帰り道は、尾瀬沼の北側のルートを歩く。整備されて歩きやすい。
Imgp1441
とても尾瀬らしい景色が広がる。
Imgp1442
ちょっと立ち止まって景色を撮影。
夏休み真っ最中なのに、意外と人は少ない。
そして、ビジターセンターに戻ってくる。

| | コメント (0)

2017年8月27日 (日)

尾瀬2017 1

Dscn0064
沼山峠から早速ウォーキング開始。
天候と膝関節が心配だが、行ける所まで行ってみる。
Dscn0065
まず、約20分、この木道をひたすら登る。
Dscn0066
見晴台があったので、ここで休憩&朝食。
Dscn0067
今度は下ってゆくことおよそ30分。まもなく視界が開けると、
Imgp1423
絵に描いたような「尾瀬」が広がる。
Imgp1425
先行ハイカーが木道を歩く、ガイドブックの写真そのものになる。
Imgp1428
ここが記念撮影ポイントらしい。

Dscn0068
尾瀬沼ビジターセンターに到着。
尾瀬沼沿いを歩いて「できれば」尾瀬ヶ原まで行きたいです。

| | コメント (0)

2017年8月16日 (水)

大阪往復 2

Dscn0325
門真南駅で下車する。徒歩数分で会場だ。
Dscn0326
試合会場に着いたが、もうすでに試合も進んでいる。
低いモチベーションと、関節痛で行なったので結果はいまひとつだったが、滞在時間1時間10分という短時間で暑苦しい会場を去ることができた。
(たった50mの為に時間金かけていったい俺は・・・)と考えてはいけない。いや考えないことにした。

さて、知り合いの同年齢夫婦と一緒(旦那は大阪出身東京在住、婦人は東京出身現在大阪赴任中)で大阪のお勧めのランチ店に連れてっていただいた。
Dscn0328
梅田に移動。
惣菜バイキングというかなり洒落たお店。
連休中なので混雑していたが、予約しておき、無駄な時間は少なかった。
Dscn0334
この席。
Dscn0335
角度を変えれば、この通り。
Dscn0338
すげーーーー!!と、心の中で叫んだのはいうまでもない。
Dscn0333
ヘルシーな食事をたっぷりいただくことができ、大満足だった。
さらにご馳走になり、それはそれは感謝しなければ。

Dscn0339
満腹で、帰宅する。
さすがに蓬莱に手をつけることができない。
Dscn0342
京都を過ぎるとゲリラ豪雨。
Dscn0343
虹が見えた。

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

大阪往復 1

Dscn0327
さて、今年の大会は大阪で行われる。

早速、サンライズの予約をとらなければ。
1ヶ月前の6月16日、医者のレントゲンを理由に早退して、みどりの窓口で聞く。
カーペット席残3席。どうにか確保。

期待に胸が膨らむ。

試合3日前。知人とスケジュールの確認を行なう。
7月16日。
ん?
サンライズの指定券はというと、
7月16日出発。

つまり、
1日間違えて買ってしまった、という悲劇。

仕方なしにキャンセルをかける。
もう、サンライズに乗車するチャンスはないかもしれない。

Dscn0306
Dscn0307
翌日、つまり当日朝の新幹線で西へ向かう。
Dscn0309
連休というのに少々空席があった。

Dscn0310
いったん京都で下車。
Dscn0318
いつもどおり立ち寄る。Dscn0315
ここからの景色好き。自分の写真(四季島)が活用されていた。
滞在時間約30分、未練残して大阪へ。
Dscn0320
もう入ってきた。すぐに乗車。
大阪で環状線に乗り換え。Dscn0322
201系が懐かしい。
Dscn0323
しかし、すぐに京橋に終着。
Dscn0324
地下鉄に乗り換えて、終点を目指す。

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

小海線3

Dscn0193
中込を発車した列車は、のどかな風景の中走る。
Dscn0199
約30分で小海に到着。
Dscn0198
このベンチを見て思い出した。
パノラマ八ヶ岳号なる列車(写真なし)に乗車し、ここで終着したときに購入した入場券にこのベンチが描かれていた。
その時の小海線が最後だった。
当然国鉄時代なので、車両はもちろんキハ52、57、58であり、冷房すらついていなかった。
勾配をあえぎながら登って行く姿が子供心に大変印象的な思い出だった。
あれから31年。車両も変わり、風景も少し変わった。
長時間停車ののち、小淵沢に向けて発車する。
Dscn0208
川沿いの山道を走り始めた。

勾配票をみると、33‰というかなりきつい坂道だが、ものともせずに走る。

いわば、山坂道を走る、高性能なバスという感覚にも似ている。

Dscn0213
坂道を登れば、高原野菜の畑を見ることができる。

これは、雪ではなく、マルチフィルムだろう。

Dscn0214
八ヶ岳も見えてきた。

Dscn0216
31年ぶりに野辺山に到着。

Dscn0221
これぞ高原列車という風景が続く。線路沿いの道路、昔歩いたことがある。

Dscn0222
一瞬の出来事でした。

Dscn0223
清里ではたくさんの外国人が乗車してきたので、この角度からの1枚だけ。Dscn0230
坂道を下って、大パノラマを見ながら、小淵沢に終着。Dscn0231

小海線の旅は終わりました。

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

小海線2

Dscn0171 佐久平駅。乗り換えの時間を利用して駅前を散策。
Dscn0172 シャトレーゼやその向こうにイオンがある。これではここがどこかわからない。
散策をやめ、駅へ戻る。
Dscn0174 小淵沢行きがやってきた。結構混雑している。
Dscn0175 中込で下車。
Dscn0178 次の列車まで約一時間。
徒歩約20分の旧中込学校へ行く。
Imgp1393時間通り到着。
Dscn0181_2 駆け足で校内を見学する。
そして、保存車両も見学。
Imgp1397 佐久鉄道のキハ。Dscn0185 車内も見学できる。
Imgp1399 C56。
Dscn0188Dscn0189 説明板も細かく書いてあるが、読んでいる時間はなかった。
Dscn0191 駅にもどる「やいなや」(という言葉がぴったり)、列車がやってきた。
乗車して、小淵沢へ向かう。

| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

長野へそして小海線1

Dscn0148
塩尻から「しなの」で長野へ移動。
自由席は混雑していたが、松本からすわれた。
Dscn0149
ここで大糸線と分離。
Dscn0154
松本盆地と分かれる直前の風景。大糸線はどの辺りだろうか。
姨捨を通過し(車窓反対側なので、写真とれず)、長野に終着。
Dscn0161_2
長野ではここをたずねて、挨拶をした。

Dscn0162
Dscn0164
今度は上り新幹線に乗車。
Dscn0167
連休だというのにガラガラの自由席。

Dscn0168
デパートで購入した弁当。

Dscn0169
ボリューム満点(と同時に今年初アルコールも)。
Dscn0170
なぜか佐久平までの特急券を買ってしまったので、同駅で下車。

小海線に乗り換えます。

| | コメント (0)

2016年10月30日 (日)

山陽本線369M 3

広島を発車。Dscn0567
いよいよ日が沈む。
Dscn0570
駅に停車するごとに、帰宅客が下車してゆく。
Dscn0571
しかし、これから夜の車窓なので、あまり撮影できません。
Dscn0572
岩国に停車。ラッピングを見物。
発車後、元の静けさに戻るので、岡山で購入した駅弁を開く。
Dscn0582
漫遊弁当となるもの。
Dscn0583
肉あり魚あり野菜もあり、まずまずの弁当だった。
Dscn0585
由宇に停車。停車時間を利用して、外に出る。
また西へ走る。
Dscn0587
海岸線を走っているのだろうか。
Dscn0588
車内はまったりしている。
Dscn0591
徳山に到着。ここで約30分の休憩時間。

Imgp1283
貨物列車を先に通す。

Dscn0595
改めて観察。改札を出たが、これといったものは発見できなかった。
後続の列車を接続して発車。まだ終点まで1時間半以上の乗車だ。

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

山陽本線369M 2

いよいよ発車し、長旅が始まった。Dscn0517長時間の移動なので、出かける前に何か退屈しのぎになるものはないか、とyoutubeをあさっていたところ、American top 40の古いラジオ番組がいくつもアップロードされていた。そのうち1984年から1987年あたりのいくつかをMP3に変換し、ipadに入れておいた。Dscn0521
早速聞いてみた。ケーシーケーセムさんのDJはそのまま、CMそのままは、まさに1980年代にタイムスリップされた。ただ曲だけバッサリカットされていたが。しかしそれでもテンションが上がる。
それをよそに、列車は一つ一つ駅に止まって、発車してゆく。
Dscn0522
まずは倉敷。しかし男女問わず、写真を撮る人が多いのに驚く。途中尾道付近では、手を振ってくれる人まで現れる。結局、下関までこのような状況が続く。
Dscn0525
のどかな田園風景を走る。
Dscn0532
東福山に到着。熱烈歓迎だ。
Dscn0537
近距離の乗客が多いので、だいぶ混雑してきた。
Dscn0545
瀬戸内海の海岸線を走る。外は暑そうだ。
Dscn0552
定時に三原。
Dscn0558
やがて、セノハチを通過する。
Dscn0561
海田市。日が暮れてきた。
Dscn0563
いよいよ広島。マツダスタジアムのすぐ横を走る。
電車から球場グラウンドが見える。Dscn0564
(更新日時点で日本シリーズ出場中の)東洋カープとカープラッピング車のコラボが完成。
まもなく広島に到着。
5分ほど停車時間はあるが、乗降客が多く、大混雑なので下車はできなかった。
Dscn0565
この写真一枚で終了。いよいよ日が沈む。列車は西へ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧