« T-TRAKとは | トップページ | M34-2L »

2017年7月 6日 (木)

Tトラック土台整備

まず、ボード全体をヤスリがけをし、段差を設けるので、100均ののこぎりでカット。
Dscn0253
けっこうしんどかった。
ホムセンの端材売り場で購入したベニヤ板でふさぐ。
改めてヤスリがけして、ニスを塗る。
Dscn0255
さっさと作成にとりかかりたいが、このステップは重要なのではずせない。

いよいよ線路敷設をします。
PC枕木の複線線路248mmおよび複線フィーダー線路62mmが付属しているが、使用しない。
木枕木の248mmおよびフィーダー線路を別途購入して充当する。
いずれにせよ、ずれのないように敷設する。
Dscn0258
ガイドをあてて、外側の線路を固定する。ここで、ギミックの種を仕込む(内容は次回以降で)。Dscn0259
両サイドにPC複線線路をつなげて、内側の線路を固定する。

今回は、ダミーの線路をもう1本追加します。
同じ長さの線路を使用すると、ボードから2mmはみ出しますので、中古でポイント付属線路(60mm)を2本購入。Dscn0260
124mm+60mm+60mm+62mm=306mm、ボード内に収まる計算です。
通電しないので、ジョイナーは何でもかまいません。

|

« T-TRAKとは | トップページ | M34-2L »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« T-TRAKとは | トップページ | M34-2L »