« Tトラック土台整備 | トップページ | 路盤の高さ問題 »

2017年7月11日 (火)

M34-2L

Dscn0250
生まれて初めて届いた株主優待券。その後、配当金まで出た。その頃のお話。

点滅するトランジスタの事です。船舶模型などに多く利用されているみたいです。

Dscn0254
今回、緊急車両の回転灯にいくつか使用しますので、LEDと共に購入し、単純な回路を作成しました。
なお、線路から給電するので、ブリッジダイオードを使う事により、プラスマイナスが一定方向でアウトプットされます。
念のため560Ωをかませています。

4個並列に並べます。
これでは同時に点滅するのでは?と心配するでしょうが、それは「個体差」でいけると踏みました。
正解。見事ランダムに点滅しました。

しかし、この撮影の直後、大変な事態へと発展しました。
線路に接続→パワーパックのレバーを前進→速度レバーが「全開」状態。
一瞬点いて、その後全く無反応。

つまり、完全死亡。

しかし、本番環境では十分想定内の出来事なので、これであきらめるわけにはいかない。
幸いにも土曜日。
改めて秋葉原で買いなおす。

Dscn0257
今度は、①抵抗を大きなもの②ダイオードをかます③セラミックコンデンサもかます
により、大電流でも対応できるように?対策を行なった。

7個並列でボードの裏側にビルトイン。

どうなることやら。

|

« Tトラック土台整備 | トップページ | 路盤の高さ問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Tトラック土台整備 | トップページ | 路盤の高さ問題 »