« 2015年4月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年5月25日 (月)

白馬から帰宅2 2015年GW

Img_1432
松本駅。暑い。

まだ少々時間があるので、Img_1435
蕎麦屋へ立ち寄る。客ゼロ。Img_1434
これを食べるのも楽しみだった。Img_1436
小淵沢行きが入線してきた。目指すのは、Img_1437
このシート。Img_1438
ワインとチーズで車窓を楽しむ。ただし後ろ向き、しかも便所の前。Img_1441
もうすぐ小淵沢。乗り慣れたせいか、それほどの疲労感はない。Img_1442
小淵沢から高尾行きに乗車。ちなみに211系のトップナンバー。Img_1443
211系ボックス席から見る八ヶ岳(ではなかった)などの山岳風景は新鮮だ。Img_1448
これは石和付近だろう。ここで初めて気づいた。

「115系がいない」

300番台はさよなら運転などを行ったので記憶にあるが、長野色の1000番台さえもさっぱり見ない。Img_1450
でも211系は勝沼の風景に溶け込みつつある。

この段階で、座席は埋まって立ち客も出ていた。

結局115系は山梨市付近で長野色、大月で横須賀色の2回しかお目にかかれなかった。

Img_1454
かなりの混雑で高尾に到着。

| | コメント (0)

2015年5月24日 (日)

白馬から帰宅1 2015年GW

撮影を終えたので、ちょっと早いが帰宅する。Img_1407
白馬から臨時快速に乗車。これに乗らなければ2時間足止めされる。Img_1410
かぶりつく。線路沿いにはまだ雪が残っていた。Img_1418
ここの景色、好きなんですよ。

そういえば、全面展望ビデオ持っていた。Img_1424
信濃大町に到着。Img_1423
乗り換え。Img_1429
最後部でかぶりつく。しかしいい景色だ。Img_1430
松本で下車。ここの乗り換えはいつも混雑している。Img_1433
少しは観光しましょう、という訳でお城見物。人いっぱい。

| | コメント (2)

2015年5月22日 (金)

2015年大糸線撮影

Img_1398
早朝の神城駅。空気が冷たい。

神城駅到着前に車内から見たこの開けた風景。Img_1397
この場所。

昨年もそうだったが、ここで撮影をする。

駅から15分くらい歩くとこの場所に到着する。Imgp1017
まず下り回送列車が6時前に通過。

Imgp1021
6時の時報から間もなく上り回送がやってくる。

Imgp1026
可能な限り引っぱるとピントもばっちり合う。

近所にコンビニもあるので、食料調達も困らない。Img_1405
神城から下り列車に乗車。Img_1406
白馬で下車。

国道を北へ歩く。昨年イマイチだったのでリベンジをかける。

例によって川原をやぶ漕ぎで進み、撮影ポイントを探す。

列車まで時間があるのでとりあえずラジオで時間をつぶす。Imgp1031
順光で撮影できた。

国道を信濃森上へ歩く。その陸橋からの撮影。この辺は昨年と同じ。Imgp1035

ちょっと樹木が邪魔だが、この場所はお気に入り。

しばらく待つと、臨時が来る。Imgp1037
今年は211系だ。

列車本数が少ないので、これにて終了。

白馬へ歩いて戻る。

| | コメント (0)

2015年5月19日 (火)

ムーンライト信州 2015春

またこの季節がやってきた。GW。他に行くところがないのか?管理人。
行きたい所はたくさんある。ただ、指定券が取れてしまったからいつもと同じ行動をとっているだけだ。
Img_1363
今回は「あさま」色。5月2日が今春最後の運転日。
Img_1365
それでも空席がある。利用客が低下すれば、運転日数が削減される。
車内は暗くはならないが、バスよりも寝る事はできる。
Img_1367
塩尻で休憩。
Img_1368
そろそろ明るくなってきた松本に到着。大糸線に入る。
BGMはいつも通りのマイケルジャクソン。

BILLE JIENからスタート。Img_1369WANNA BE ATATIN SOMETINImg_1370
ROCK WITH YOUImg_1374
THE GIRL IS MINEImg_1376

DON'T STOP 'TIL YOU GET ENOUGHImg_1378

I JUST CAN'T STOP LOVING YOUImg_1382
MAN IN THE MIRRORImg_1385
THRILLER

Img_1391
HEAL THE WORLDImg_1393
BEAT IT

YOU ARE NOT ALONEImg_1396

いよいよ目的地の神城に到着する。いつもながらとても素晴らしい一時間だった。Imgp1015
冷たい空気の中、ムーンライト信州を下車し、見送る。

| | コメント (0)

2015年5月 9日 (土)

王滝村からの帰り 2015春

さて、イベントも一段落して、流れ解散になったので、こちらも帰宅します。Img_1334
バス停まで送ってもらい、いつもの時間のバスに乗車。

乗客は3人だった。Img_1340
バスの車窓から見慣れた風景。この景色を見慣れたというのはとんだ贅沢者かもしれない。Img_1341
駅のひとつ手前の停留所で下車して、コンビニに立ち寄る。

コンビニから裏階段を通ればすぐに駅に出ることができた。Img_1342
左に写っているバスも魅力的だが、時間の都合で電車に乗車。

Imgp1014
塩尻からは特急に乗車。Img_1350
コンビニで購入したお酒をいただく。あれ?今年初のアルコールか?Img_1353
特急は普段のスピードの2割増しくらいか、速い。Img_1354
いい気になって酔い覚ましのコーヒーを車内販売で購入。Img_1355
もう甲府盆地に近づいてきた。バックは八ヶ岳「ではなかったらしい」。Img_1357
まさか明るいうちに都内に戻れるとは思わなかった。

| | コメント (0)

2015年5月 7日 (木)

2015年 王滝村でのBBQなど

スポーツ公園を見渡すと、この場所に人が集まっていた。

Img_1308

今年は例年にない大雪で、イベントはどうなるかという状況だったが、ここ数日ですべて雪は溶けたらしい。

なので、恐怖のスパイク打ちを行っている。Img_1309
今回は「お手伝い」という形で貢献した。

そして、今回新たにつくられた施設がこれ。Img_1311
左端にちょこっとだけ入れておきました。

噴火の犠牲になった方々を慰める場所で、マスコミなどでも度々報道されていた。まさか線路沿いにあるとは誰も知らないだろう。知らなかった。さすが都合の悪いものは消去できる報道機関に脱帽。Img_1314
こんな位置関係です。

お昼近くなったので、お楽しみのBBQ。Img_1316
むいている卵はアヒルらしい。

Img_1324
BBQが始まった。

Img_1318
豪快に肉を焼く。Img_1320
至福の瞬間。ネギは東京から持ってきた。生で食べます。

これからいくらでも胃袋に入っていく。

Img_1321
旅館の包みに入っているのは、Img_1322
やまのごはん。こちらもあっさりと胃袋に入っていった。

終わるころには満腹になる。眠い会合を行った後は、Img_1328
列車が登場。来た時と機関車が違うが気にしない。

まずは撮影する。Imgp0992
そして、おなじみの場所から一枚。Imgp1003
御嶽山は白い煙をあげていた。

| | コメント (0)

2015年5月 6日 (水)

2015年春 王滝村へ

今年も村からお誘いがあったので、楽しみにしておりました。

かなりハードなスケジュールなので、ほかの人を誘うことができなかったのが残念。Img_1269
自転車で日野バス停へ向かう。

今回は、先客がいたが、ほかのバスに乗り込んでしまい、自分と若い女性だけが残されてしまった。その女性が不安げに訪ねてきた。「いつも数分遅れてきますよ。」と答えて安心させてあげた。

Img_1270バスは少々遅れてやってきた。Img_1271
バスに乗り込む。

慣れているはずだが、テンションがあがっているのか、眠れない。Img_1273
深夜の双葉SA。トイレで下車したのは自分ひとり。Img_1274
寝たのかわからないまま朝を迎えてしまった。恵那SAにて。Img_1275
恵那バス停で下車。

Img_1276
けだるい朝。一日が始まる。Img_1279
駅まで30分は歩かない。始発を待つ。Img_1281
そうして始発列車に乗車し、木曽福島まで移動する。Img_1286
上松の車窓から撮影。いつの間にやら保存されていた。

工事用の本線DLと比較しても小さい。Img_1288
木曽福島に到着。

木曽病院方向へ歩く。Img_1292
桜は終わってしまっていた。

病院近くのバス停でしばらく待つ。ベンチで横になると、とても気持ちいい。Img_1298
バスは少し遅れてやってきた。乗客は2人だけだった。Img_1299
変わらぬ風景。頼むから窓ぐらいきれいにしてください。Img_1301
王滝バス停に終着。歩きます。Img_1302
青い空、青い水。ぽかぽか陽気。この場所がお気に入り。

ただ、大きく変わっていたのは、Img_1305
途中の鈴ケ沢橋。土石流対策か、堤防が積み上げられていた。Img_1306
もう一息。景色が良くとも距離が長いので、結構疲れる。

真ん中の建物が目指すところ。土手をよじ登らねば。Img_1307
目的地に到着。もう準備は整っていた。

| | コメント (0)

2015年5月 4日 (月)

スバル360の全塗装(トミカ)

これはあくまでもトミカのお話です。

オフでスバル360が税込108円で売っていたので購入。Img_1358
かなり遊び尽くされた感が強い。

まず、床下のカシメをドリルでほじくってばらす。Img_1359
ここで、車軸の曲がりを修正し、プラスチック部品の汚れを落とす。

ボディは、「塗装落とし」をまんべんなく塗る。すると、塗料が浮き上がってくる。そして、こびりついたものはドライバーの先端ややすりで落とす。Img_1360
そうするとこうなる。ドンキのチラシでみにくくてすみません。

この後、洗剤で洗う→プライマーを塗る→サーフェサーを塗る→塗装。

車体・室内とも余っていたクリーム1号を使用。

屋根はたしか実物は金属以外の材質だったか白を塗装、室内の座席シートおよびハンドルは黒を塗る。

細部をペイントして元通りに仕上げると、Img_1361
オリジナルのスバルが完成する。

なかなか満足したが、甥っ子にプレゼントしたら、「色違いで持っている」で片づけられてしまった。撃沈。

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年9月 »