« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月26日 (土)

2013年9月のまとめ 1

9月1日。

Dscf9655 ほとんど何もない状態。Dscf9657それでもこれだけとれました。
9月7日。Dscf9669蓮の花が咲いてました。Dscf9671ブロッコリーを植えてました。Dscf9672小松菜や大根などの種まきをしました。Dscf9674寒冷紗をかけて完成。意外と重労働。Dscf9675そのあとは、デザートタイム。ご覧いただくのは巨大スイカ。Dscf9676入刀します。Dscf9677白い部分が多いですね。Dscf9679切りわけて皆で食べましょう。Dscf9680味は大味だが、疲れていればうまい。Dscf9681その日の収穫。ただ、Dscf9670今年はカメカメムシムシにずいぶん痛めつけられた。

| | コメント (0)

2013年10月22日 (火)

太田市 かわとみ その2

さて、もう昼下がりになってしまった。でも無事に店に着いたのはよかった。Dscf9736お店のようす。裏手にテーブル席がある。

早速注文する。
待つ事およそ50分。空腹におあずけは答える。近くのテーブルのガタイの良さそうな3人衆は同じメニューを食べている。そして残す。もったいない。こっちによこせと言いたくなる。
やってきた。これである。
        ↓
Dscf9737これが噂のなすの蒲焼き。Dscf9738たしかに「蒲焼き風」の茄子だ。下に鶏肉が敷いてある。
やや甘口のタレで仕上げてある。
これはこれで十分だ。苦手な茄子でもこの店が近場ならば月一でも食べに行くだろう。テレビ番組の司会者は良い事を教えてくれた。ただ息子が・・。
Dscf9739 さらにやってきたジャガイモ焼きそば。ソースの味はやや濃い。いずれも2人で完食。
電車の本数が少ないので走って駅まで戻るハメに。
先の唐揚げは持ち帰りにしてまり氏が帰りの電車の中で楽しんでいた。
Dscf9735 この宣伝車に書いてある番組ね。

| | コメント (4)

2013年10月20日 (日)

太田市 かわとみ その1

ご存知のとおり、けっこう本格的に農業をやっている。

さまざまな作物を作っているが、その中でも、茄子の存在が彩を添えている。
ここでひとつ問題が。
「管理人は茄子が好きではない。」
焼いてよし、煮てもよし、炒めてもよし。栄養もあり、ご飯のおかずから酒のつまみにもなる、なのに食えない。
しかし(アレルギーとかの理由で)全くダメというわけではない。
普段見ないのにたまたま見たテレビ番組で「茄子の蒲焼き重」の特集が行われていた。
茄子を鰻に見立たご当地名物だ。これならいけるかもしれない。また、これを応用したアイデアが生まれるかもしれない。
いつもは帰りが遅いのだが、この日は会社に「ゴルア!!」の対応を行ったため、(3人と業者2人と警察で、あとは想像に任せる)早めの帰宅になった。
たまたま駅前でまり氏に出会ったので、次の休みに行ってみようという事に。
Dscf9713 浅草駅。早めに着いたので、普通列車でいきましょう。Dscf9716急カーブで入線する列車を見学。
いくつか乗り継いで太田まで行く事に。
詳しくはリンクの ブログを見てください。
ただ、大きな誤算が。それは「距離感」というものを欠如していた。
館林で乗り継いで太田に着いたのは正午。赤城行きは45分待たなければいけない。後発の特急なら接続していた。
Dscf9728太田で時間をつぶす。
ここは群馬。グンマーだが、駅はきれいだ。
ある意味痛々しい駅前だった。(これもリンクのブログを見て)別な意味で警戒が必要だった。Dscf9729
これで2駅だけ乗車する。Dscf9731
治良門橋駅で下車。おおよその場所は頭の中に入っていたが、相棒がきちんとメモを作ってくれたので間違いはない。Dscf9732県道を歩いて、JAの見えたところで右折。この道をひたすら歩く。Dscf9741やっと着いた。つづく。

| | コメント (2)

2013年10月 6日 (日)

関東鉄道 龍ヶ崎線

小学生だった時、文庫本サイズの私鉄大百科事典があり、関東鉄道のページには車庫に佇む「41302」と、走行中の「5128」の写真が掲載されていた。

「41302」はキハ04であり、一度は見たい形式だ。「5128」は客車用の貫通幌と2灯ライトの前面が個性的であり、是非にも行きたかった場所だった。

1983年の2月に、当時の友人とようやく行くことができた。しかし、「5128」はその後のキハ531であり、大人しい姿に車体更新され、「41302」はキハ532に置き換えられて廃車になっていた。Img_0005 この残骸がキハ41302のものなのだろうか。

さてそれ以来の訪問。キハ532だけはエンジンを換装しながら今でも現役である。Imgp0549 龍ヶ崎付近での撮影。Imgp0552 30分おきなので退屈することは無かった。Imgp0564 車庫を俯瞰。望遠レンズを家に忘れてきた。

車庫での30年ぶりのほぼ定点撮影。Imgp0545

バスのナンバープレートから察すると、今朝乗ってきた車だ。ここまで来るんなら乗っけておくれよ。

車内での発見点。Dscf9710 いろいろあったけど、やはりこれでしょう。キハ20の発生品ですかね。

| | コメント (0)

2013年10月 4日 (金)

龍ヶ崎駅 佐貫うどん

クタクタで龍ヶ崎駅に到着。

Dscf9699 駅に併設されたそば店で昼食をとる。

龍ヶ崎の名物は「コロッケ」だそうだ。なのでコロッケうどんを注文する。

Dscf9698こちらのさぬきうどんはかつおだしです。

ついでに、龍ヶ崎駅前からの写真。Dscf9703

ここから奥に見える信号まで約60メートルまでの僅かな距離ながら、れっきとした県道337号線だそうです。Dscf9704 歩いたら1分で着きました。

| | コメント (0)

2013年10月 3日 (木)

龍ヶ崎へ

東京駅と龍ヶ崎を結ぶバスに乗車。Dscf9690 9月いっぱいで運行終了の為、1,500円→1,000円のキャンペーンをやっていた。

窓側が埋まるほどの乗車率だった。

Dscf9692 首都高から常磐道を経由。乗車して1時間半で大きな大仏様が見える。Dscf9693 高速をおりて最初の停留所のあみアウトレット。ほとんどの乗客が下車してしまった。

アウトレットの楽しみ方を管理人は知らない。

狭い道を南下し、僅かな乗客を乗せて龍ヶ崎へ向かう。バスは龍ヶ崎駅には行かず、ニュータウンで終点になるため、Dscf9695 終点の少し手前、ここで下車。 Dscf9696_2 えんえんと歩くハメになった。

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »