« EF510-501 | トップページ | 中央線120周年記念弁当 »

2009年12月24日 (木)

木曽の酒井5t №120

771 上松の寝覚ノ床の近くに保存されている2両の個性的な森林DL。 3313
№98。B型と呼ばれる8t機。センターキャブが特徴。
キャラメルNの動力が収まりそうだ、ということで制作決定。
しかし、しかしである。
すでに製品化されている!しかもリアルでとてつもなく高い!
これでは太刀打ちできない。急遽そんな理由で、772
赤沢からトレードされてきたコチラを作ってみました。
S型5t機。冬季はロータリーヘッドをつけて除雪する機関車。国鉄でいえばDD14のような存在かもしれません。
5tサイズでマルーンカラーも他に例がありません。
キャラメルN動力とD51の先輪がありますので他の部分はプラ板で作り上げます。
実測と写真からおおよそのサイズを割り出し、それなりに仕上げましたのでスケール通りではありません。
ボンネットR部分はBトレの営団銀座線の屋根を利用しました。Bara
こんなかんじ。中央のパーツはサイズ間違えた為没、参考にどうぞ。
排気パイプはゼムクリップとランナーで作成。
ボンネットとキャブをネジで止めれば安上がりに完成。
アクの強い機関車の特徴ある先輪もオーバースケールながら再現。Reintetu
サンタのトナカイみたいになっちまったぃ。
しかし実際この機関車が運材列車を牽いたかは謎です。
つまり、最近Bトレ(鉄コレ)熱が急降下しています。これだけ仕掛かりアウトになりました。ゴメンナサイ。Junk

|

« EF510-501 | トップページ | 中央線120周年記念弁当 »

コメント

おぉ、グッジョブ☆

・・・そして、ジョブ・モア!!
写ってるのだけ完成させてね~~♪

投稿: まりりん | 2009年12月24日 (木) 14時24分

問題点
①荷を積んだ運材台車は1両しか牽けません。
②仕掛品は、奥からサンパチ、富山地鉄、ED75、羽後交通、パノラマ気動車ベース車。
すべて塵として処分してしまいました。

投稿: 二足歩行 | 2009年12月24日 (木) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EF510-501 | トップページ | 中央線120周年記念弁当 »