« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月29日 (木)

御茶ノ水・キッチンカロリー

3342 東口改札のすぐ近く。まぁかなりこじんまりした店ですね。
でも、出されてくる料理は、740円ので3341
写真の色のせいでなんだかお洒落な料理に見える。
しかしエビフライ・ハンバーグ・クリームコロッケです。まんま学食です。
しかも大盛サービスだそうです。空腹時にはかなり来ます。

ただ、食後約30分で急に腹痛をもよおした。偶然でしょう。

| | コメント (2)

2009年10月27日 (火)

西荻窪・じん

3303 駅から南へ1分くらいの場所にあります。
たしかスープがいくつか選べましたので、いちばんあっさりのものです。3302
魚系のスープでしたが、量はやや少なめ以外はあまり良く覚えていません。750円しました。

| | コメント (0)

2009年10月23日 (金)

国分寺・旬助

3348 いつの間にやら出来ていたラーメン店。
いちばん安いラーメン680円。3347
太い麺でダシはかなり鰹がきいていますが豚骨と混ざって複雑になっているのでよくわからない味です。
しかし7時間後にまたまた腹下しました。

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

塩尻から帰宅

16時12分に出る列車が比較的スムーズに帰宅できる時間である。
このスジで帰宅するのは初めてである。
Sioji まずこれで小淵沢まで行く。
かなり混雑していたが、満腹なので立ちんぼうも悪くない。
岡谷で座れた。Yatuga
ちょっくら八ヶ岳でも眺めます。Butiza
小淵沢から甲府まではこの電車。置き換えが予定されているのでまもなくお別れです。Hinoha
日が暮れてきた。
オリジナルカラーを守り続けてきた115系300番台。Asi たまたま乗り合わせた若い女性の足元であるが、問題なかろう。
これだけ狭いシートでありながら中学時代の人生初の「夜行列車」であり、さらに思い起こせば小学時代小淵沢から乗車した「臨時アルプス」もこれだった。
新車の香りとドア横のシートで頬張ったトウモロコシが忘れられない。
こう思い出すと自分の人生もちょっと乗せてもらってくれた。
前の女性に声でもかけようかと、しかし睡眠中であればどうにもならないのであきらめた。
Kofu 日が暮れた甲府駅で高尾行きにのりかえ。
座席がほぼ埋まるくらいの乗車率であった。
外もあまり見えないので惰眠する。
国道は渋滞している。
大月で後続の東京行きがあるので下車する人も多かった。Takao
高尾からは「中央特快」で帰宅。
なんだかんだで結構疲れますね。

| | コメント (2)

2009年10月19日 (月)

塩尻・民芸茶房あかい靴

塩尻峠を越えた小野駅は伊那である(たぶん)。
伊那といえば「ローメン」「ソースカツ丼」が名物である。609
実は朝、6時台に松本を出たので駅売店がすべて閉まっていたので何も食べていなかった。
駅前に数軒食堂があるので撮影の合間に味わってみたい。たとえ「はずれ」でもそれは良い思い出と覚悟もした。
そして、「みどり湖駅」まで徒歩またはタクシーで移動する、という算段もとっていた。
す べ て や っ て い な か っ た 。
小野駅前だけに「オ~~!ノ~~~!! (ヨーコ)
この時このまま何も食べずに終わるのではなかろうか、という恐怖がよぎった。
駅に戻っても、駅前にいるはずのタクシーもいない。
小野駅だけに「オ~~!ノ~~~!!! (寺あきら)
811_2 撮影地で本来撮るべき列車を駅撮りで済ませ塩尻まで乗車。3336
寂れた駅前の「こあ・しおじり」というショッピング施設内で発見。3335
3時。客はいなかったが、「ソースカツ丼」はあったので迷わず注文。3333
目の色が変わったのが自分でもわかった。
かきこむように食べてしまったが、カツは脂身の多いロース・ソースは甘口
だけは覚えている。

| | コメント (4)

2009年10月17日 (土)

小野駅

3331 なぜ何度も同じ所に行くかというと、前にもちょろっと書いたとおり
「デジカメのデータがぶっ壊れた」のであった。612

駅も良い佇まいである。3209

ちょっと欲しくなりました。
この駅の周りには撮影場所がいくつかあり、駅からも手軽に撮影を楽しめる。
とはいえ、1~2時間に1本しかない!
半日かけて撮影したデータが飛んでいた時は、それこそ小野駅だけに
「オ~~!ノ~~(まゆみ) !」という気持ちであった。
駅の周囲には時間をつぶせるような場所もあまりない。
808 今回は駅撮りで済ませました。

| | コメント (2)

2009年10月15日 (木)

森林セラピー赤沢の保存鉄道

今年3回目の訪問。
799 800

804 紅葉はちょっと早かったみたいですね。794
今回は「走り」を中心に撮影を楽しみました。791
777 鉄道に興味のなかろう人たちにもなかなかの人気ぶりですね。
しかし、ここに向かう道は狭い。バスは次々にやってくる対向車とのすれ違いに難儀した。3327
途中焼笹の少し赤沢寄りに広い駐車場がある。その先赤沢までの道路を廃しそこに線路を敷き、
「赤沢~焼笹間森林鉄道復活」という案はいかがでしょう。
小中尾・姫宮に停留所を設け、ハイキングコースを充実すれば巨大な観光地になる。「自然」をテーマとしたテーマパークである。
SLは無理だろうがこの界隈で保存されている車輌の復活と就労人口の増加による地域の活性化、CO2も減るだろう。
現実はほど遠い事であろうが、妄想は膨らんだ。

| | コメント (2)

2009年10月13日 (火)

ムーンライト信州2009 2回目

この切符が発売しているので、ミク友?いや日常的に会っている仲間たちで1日ずつ使用するので自分はコチラで記念撮影。3310
光ってわかりにくくなっちまったぃ。3304
日付が変わると同時に改札に入り、
今回も立川からムーンライト信州に乗車。3305
折角の進行方向左側 にもかかわらず熟睡。
車内減光なしであるが停車アナウンスの時だけ意識が戻る。
午前2時半、甲府に停車。窓越しにハイカーたちが下車していく姿がみうけられた。
やがて発車。車内は静かだが眠れなくなった。3306
この列車で松本に向かう。松本で列車が接続しているので上高地へ向かう人もいるだろう。
行ったことはないが、すばらしい風景と裏腹に渋滞や駐車場による車の洪水が懸念されていると聞く。
そこで、
「新島々から上高地まで線路を引き、車を大幅に規制する」
誰が言い出したかわからないが、それを思い出した。
この案は、旧国道を鉄道路線にし、廃トンネルなども有効活用されるかなり具体的な案だった。
スイスのツェルマットを想像すれば早い。
坂も急なのでラックレールを取り込み、本格的な登山電車が往来する。時には新宿からも特急に付随した客車が乗り入れる、
深夜だけに妄想が膨らむ。
しかし残念ながら自動車マンセー道路マンセーになりきった現在ではこの話は立ち消えになってしまった。
もう小淵沢か。
もうひと寝入りし、塩尻に着いた。
とても眠いが、寝過ごしたらアウトなので起きている。
3309 松本着。まだ夜の続きである。
この時間でコンビニ以外で営業している(気軽に入れる)店はマックと松屋だけである。
マックで時間をつぶしてお城まで散歩。767
そしてこの電車を拝んで終了。768

| | コメント (2)

2009年10月 8日 (木)

台風一過

襲来した台風18号。2年ぶりの上陸ということで、交通機関は「見事」な状態です。
Photo 今日はここで台風をやり過ごしました。
午前8時10分、東小金井着。電車はここで止まった。「少し待てばまた動き出すだろう。」Photo_2
雨は落ち着いたが風が強い。暴風域に入ったようだ。 Photo_3
8時40分。振替などで乗客が減ってゆく。
振り替えルートは、東小金井(徒歩)新小金井(多摩川線)白糸台(徒歩)武蔵野台(京王線)新宿とのこと。
嵐の中の徒歩は危険だし、他路線もいつ止まるかわからないので気長に待つ。Photo_4
9時半ごろ、青空が見えてきた。帰りたいが下りも止まっている。10
10時。地面も乾き始めている。ラジオで台風は沼田付近にいるとのこと。
動きそうにない。我慢の限界なので、駅外の店で珈琲を飲む。
11時20分、ようやく動き始めた。3311
結局脱出できたのはこの時間。つかれた。

| | コメント (3)

2009年10月 5日 (月)

国分寺・一八屋

764 そういえば以前、こんな店の名前の芸能人がいた。あの漫才師の二世であった。
父のおかげか芸能界の評判は今ひとつであったが、今いったいどうしているのだろう。
この日のランチタイムは女性一人で切り盛りしていた。当然一八氏でははかった。
761 650円の豚焼肉セットである。
カネ無いときは丼にすれば400円(確か)である。
早実への通学路のため、これだけ安い値段で提供してるのであろうか。763
とどめのゴマプリンと飲み物サービス。
くどい様だがこれで650円であった。
駅からいくつか安い店(アップ済)が軒を連ねているが、誘惑に負けずここまで来れてよかった。
ただ、ランチのやっていない曜日があるので注意。

| | コメント (2)

2009年10月 2日 (金)

久々の登山 3

3287 陣馬山から歩いてきたが、まだ正午である。
小仏峠から城山→高尾山へ続くが、靴底が外れてパカパカと音を立てて歩くのは正直不安である。3289
今回は仕方なく下山する。3290
歩きやすい道で小仏に向かうが、かなりの高低差があるので坂は急である。
さすがに歩き続けたので疲れて膝が笑う。靴も笑う。3293
15分ほど歩けば車の通れる砂利道になる。3294
暫く歩けば、水が沸いてます。3295
なぜかあっという間に人だかりができました。3297
やがてここから舗装道路になります。3299
40分でバス停に。発車間際なので急いで乗車。3300
ここで問題、というより大問題。
涼しい風が背中からそよぐ。それが、
自分を通り過ぎると「凄く臭い」。
バスは満員である。これは恥ずかしい。
クレームが出たら素直に謝るつもりだったが結局どうにか甲州街道に出て高尾駅に着いた。
反対車線は大渋滞であった。3302
さて、駅ホーム名物「おでんそば」でもたべましょうか、今日は2品トッピングで。
メ ニ ュ ー か ら 消 え て い た 。

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »