« 盛岡から札幌まで 2(ナッチャンRera) | トップページ | 盛岡から札幌まで 3 »

2008年8月28日 (木)

函館朝市・いくら亭

函館に着くとすっかり日も暮れてしまった。
駅前を少し歩いてみたが、どうやらこの街の夜も早そうなので駅横の朝市「どんぶり横丁」で済ますことにしました。
で、営業していた2軒のうちこちらの店に入った。2052
客は半分が外国人(中国か台湾)の観光客でした。
頼んだのは蟹いくら丼とてんぷらの定食。2048
下のご飯が見えないくらいのっている蟹フレークといくらのどんぶりと、海老・しいたけ・ししとう・魚(忘れました)のてんぷら。
想像(期待)どおりの味でした。量は丼ももうすこし多く、てんぷらもあと一品多ければ、でした。
値段も1500円でお釣りがきました。
観光客目当ての店でしたが、入っても損は無いと思います。

たまに食べてもバチはあたらない、・・・でしょう。

|

« 盛岡から札幌まで 2(ナッチャンRera) | トップページ | 盛岡から札幌まで 3 »

コメント

函館は今、香港人と台湾人に大人気です。

いくらには鮭フレークよりもカニが合いそうッスね♪

投稿: ともぞう | 2008年8月28日 (木) 12時41分

親子丼ならぬ他人丼というんでしょうか。
ビミョーな塩加減が後味をひきます。

「アジアの北欧」って言葉を聞いた事あります。温暖な地域(香港、台湾)の人達にとってもこの涼しい台地は憧れでしょう。

投稿: 二足歩行 | 2008年8月28日 (木) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盛岡から札幌まで 2(ナッチャンRera) | トップページ | 盛岡から札幌まで 3 »