« 中本・蒙古タンメン | トップページ | Nゲージレイアウトを作ろう 4 »

2008年3月12日 (水)

Nゲージレイアウトを作ろう 3

大まかなコンセプトは決まりました。では早速というわけにはいきません。
さて、いつ頃のどんな路線をモチーフにしましょうか。
例えば、ビルの谷間を銀色の通勤列車が次々に走っている大都会路線。いくらBトレとはいえ、10両つなげればかなりの長さになりますので現実的ではありません。
例えば、海沿いを走るリゾート路線。これは以前作りました。
だいぶ略しましたが、消去法と自分の好みを合わせれば、「山あいと古い町並みを走るローカル線」でいきましょう。
「青梅線」「秩父鉄道」「身延線」そのあたりがモチーフにできそうです。時代は昭和の終わりごろ~現在というやや曖昧なものです。O81
写真は青梅線御嶽駅。このぐらいのローカル線がちょうど良いみたいです。

さて、レイアウトを製作するにあたって問題なのは線路。
カトーのユニトラックが最も使いやすいが、ラインナップ最小のR216では直径432mm、つまり45センチ以上の長さというか幅のボードが必要となります。
コンパクトとはほど遠くなってしまいます。では、
トミックスのミニカーブレール。
最近様々なバリエーションで攻勢をかけてくるこの種類。ポイントなども充実しており、これに統一すれば手軽に完成させられそうです。
お店でR177が目に止まりました。他の直線線路を手に取り照らし合わせて妄想しました。
列車は狂い無き直線を走り、「カクン」と急カーブにさしかかる、といった具合。いまひとつ実感的ではありません。
おまけに、何れにせよレール自体が高く、大げさに言えばIビームの上を列車が走っている様です。
気にしだすともう嫌になってくる。商品を元の場所に戻し、やむなく却下。
ちょうどアトラスのコード55というフレキ線路が発売中なのでそれで試す事に。
枕木の間隔が少々狭いのを除けばまずまずの合格点でしょう。

ここでピンチ。
モジュールレイアウトゆえにモジュール同士の接続が必要になります。接続部をいったいどうやって作ろう。
ピンチはチャンス、と考えて、手許にあった古いユニトラック。
物はためし、先端から15ミリ、道床を糸鋸で切り取ります。Kut
切り取られた道床の先端、これを使います。
試しにコード55のフレキ線路をやさ~しく挿入すると・・・。Sasikomi
ピッタリ収まるではあーりませんか!!
ジョイナーは、人の心配をよそにしっかりカッチリ繋がってくれます。Seikou
レールの高さもフランジに引っかかることなくクリアー。1392
これは大きな収穫です。
これでいきましょう。(つづく)

|

« 中本・蒙古タンメン | トップページ | Nゲージレイアウトを作ろう 4 »

コメント

へぇぇぇぇ~~~~~~~~~!!

これはイイ事を知ったゾ♪
ぐっじょぶ!

投稿: ともぞう | 2008年3月12日 (水) 13時11分

どういたしまして。300円のフレキ線路とユニトラックが接続できるのなら、とばかりにユニトラックとコード55フレキ線路との断面をにらめっこしていました。
そうしているうちになんだか出来そうと実行してみた次第です。このときばかりは嬉しかったです。

投稿: 二足歩行 | 2008年3月12日 (水) 18時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中本・蒙古タンメン | トップページ | Nゲージレイアウトを作ろう 4 »