« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

尼崎・お好み焼き吉

すみません。ネタ尽きかかっていますので少し前のコナモノ情報をお届けします。
再開発が進む尼崎北口。下町のイメージがあるこの街だが、ここを見る限りあまり感じません。
そこのアミング潮江という複合施設に「ホビスタ」なるお店があります。
フロアの中心に大きなHOゲージのレイアウトがあり、いくつかのホビーショップが軒を連ねているので鉄必見ですし半日遊べます。
そこに「銀座バーパノラマ」も出店しているのでここでの昼食を予定していましたが、家族連れを中心に行列が出来ております。
しかも東京銀座価格。小さな子供も多いので落ち着いて食べられそうにありません。
あきらめて外に出てぶらぶら、ウエスト1番館にお好み焼き店を発見。空いています。カウンター席に腰掛けます。20071008133235
豚玉では物足りないのでイカをトッピング。目の前で焼いてくれます。
15分くらい待てば焼きあがります。
さて、直径20センチくらいの関西お好み焼きです。見たところこんな感じです。20071008132149
味は、至って普通。豚バラ肉とイカゲソが少々入っています。東京で食べるのとあまり変わりありません。
この味が自分にとって大阪(厳密に言うと違うが)お好み焼きの基準となりました。

| | コメント (1)

2007年10月29日 (月)

三鷹・ひだりまき

ベトナム料理店。なぜこんな純日本的な店名かはわかりません。
20071028150238 どうもアジア料理は辛い、香草が強くクセがあるという先入観があり、イマイチ馴染めないものでした。
未体験のベトナム料理、はたしてどんなものか。
ちょうど「フォー」が100円引きの500円でしたのでその食券を購入。
午後2時半を回っていましたので空いていました。
店内はベトナムらしさをイメージしております。壁にはひだりまきの渦巻きが描かれております。
お店の人はベトナム人らしいです。15分ほど待ちましたでしょうか、「フォー」が運ばれてきました。20071028145144
「フォー」と言って流行らせた奇抜な芸人も消えて久しいが、さてどんなものか。
お米の平たい細うどんです。鶏肉のささみがのっています。
スープは薄味。クセはありません、それどころかダシがよくきいています。
このままでも美味いです。レモンを絞って、辛子?を少し入れれば深みが出ます。
でもこのダシはクセになりそうです。もし東南アジアに行っても食べる事に関しては問題ないようです。
しかし美味すぎる。恐るべし、アジア料理。

| | コメント (2)

2007年10月26日 (金)

201系H9(T108)編成

昨日、201系のT108編成、元H9編成が廃車のため長野へと回送された。中央快速線の201系「H」編成は6本となった。
H9編成特別快速。国分寺駅にて撮影。H91_2
中野を通過するT108編成通勤特快。T10812
この編成の特徴である中間に挟まれた電照マーク付き先頭車。 (左側)H93_2

先頭に出た時の写真は撮っておりません。

| | コメント (0)

2007年10月25日 (木)

三峰口駅前・福島屋

秩父鉄道の終点三峰口駅前に佇む味わいのあるそば店。
20071021140629 さて、駅前はパレオエクスプレスが到着してにぎわっておりましたが、少し時間が経ったので落ち着いて参りました。
お店も空いてきましたのでここいらで一服。店内は広く、座敷などもあります。
腰のまがったお婆さんが注文をとりにきてくれました。
これらの雰囲気にのまれつい「けんちんうどん」800円を注文。
10分くらい待ちましたでしょうか、運ばれてきました。20071021135630
味噌味で麺は細く平たいです。よく煮込まれた人参、ごぼう、里芋など根菜がたくさんのっています。
味もやわらかいです。この雰囲気にぴったりです。
ちょっとぬるかったのが残念です。
同行のともぞう氏は肉そば(750円)を食しています。見たところ関東風のダシです。20071021135725
食べ終わるころ、パレオエクスプレスが熊谷に向けて発車してゆきました。
SL撮影の際に立ち寄ってはいかがでしょうか。

| | コメント (0)

2007年10月23日 (火)

秩父鉄道

この日の1枚
C58 久しぶり(約25年ぶり)に出向いて参りました。
当時は西武との連絡線もなく、御花畑駅もホーム1本だけでした。ベージュとマルーンの小田急1800系の800系に乗車し寄居に行きました。どこからとなくシュガーの曲がかかっていました。
それ以来です。
御花畑付近を通過する急行電車。Photo かつて正面2枚窓で中間ステンレス車の300系?にあこがれ、今ほど便利でなかった時代には結局乗れないままでした。その車両ものちに165系ベースの車両に置き換えられ、最近これに代わりました。
三峰口にて。鉄道記念館が併設され、かつて活躍した車両たちが保存されています。
生え抜きデキ1型。1922年製で電気機関車としては最古の部類です。こういうの大好きです。Deki
腰高なスタイルED38型。元阪和ロコ1000です。運転席は意外と窮屈でした。Ed
人気のパレオエクスプレスが到着すると記念撮影大会が始まります。Photo_2
三峰口での入替え。
なかなかの迫力でした。Photo_3
子供の頃の印象で秩父は遠い所だと思い込んでいました。意外と近かったです。

| | コメント (0)

2007年10月19日 (金)

201系T13(T113)編成

昨日、201系のT113編成、元T13編成が廃車のため長野へと回送された。中央快速線の残りは14本となった。そして全廃へのカウントダウンも始まった。
T13編成。三鷹駅にて撮影。
T13

国分寺を発車するT113編成。T1139

中野駅にて。T113

さらに日曜日に遭遇したものも出てきました。951

| | コメント (0)

2007年10月18日 (木)

北条鉄道

兵庫県を走る第三セクター鉄道。
始発の粟生駅にて停車中。Photo
発車間際まで車内こんな状態でした。しかし神戸電鉄の接続で発車までに座席はだいぶ埋まりました。Photo_2
北条町駅。新しい駅舎になっています。Photo_3
側線には旧型もいます。Photo_4
帰りはヲタ全開になって後ろかぶりついていました。Photo_6
Photo_5 味わいのある駅舎が多く、つい途中下車したくなります。
Photo_8

のんびりとした車窓です。Photo_7

全線乗車片道400円でした。

| | コメント (2)

2007年10月17日 (水)

三木鉄道

Photo_9 来年3月で廃止になる三木鉄道。時間つくって乗車してきました。
まずは神戸電鉄三木駅。市内はお祭りの最中でした。Photo_6
橋を渡り、15分くらい歩けば三木鉄道三木駅です。
途中、ちょっと寄り道。
Photo_8 清水の洗濯場です。2

水は冷たいです。
Photo_9 三木駅に向かうディーゼルカー。
Photo_10 三木駅です。残念ながら楽しみにしていた駅前のコロッケ店は休みでした。
さよならグッズ等が販売しております。ちなみに山田錦せんべい500円と絵葉書100円を購入。
乗客は鉄道ファンが多いです。
車窓は全体的にこんな感じです。Photo_11
ちなみに片道250円でした。

| | コメント (2)

2007年10月16日 (火)

因美線・智頭急行

まずは鳥取駅独りバルブ大会。メディアのエラーで大半が消えてしまい、僅かに残った写真で恐縮です。370 Hot

昨日の続き。
郡家からスーパーはくとに乗車。車内設備はJRキハ281系スーパー北斗に似ています。Photo
山あいのローカル線に不似合いな新型特急がかなりのスピードで駆け抜けます。
智頭駅4分停車。Photo_2

智頭急行に入ります。Sはくとが並びました(写真はありません)。
更にスピードが上がります。トンネルと橋が続き、やがて佐用。少し寛いでいると上郡。
山陰の山あいの郡家から僅か1時間で山陽本線まで連れてこられました。寝る暇もありません。Photo_3
皆が口をそろえて言うとおり「西日本版非電化の北越急行」です。あまりの速さに時間の感覚がずれます。
Photo_4 山陽本線上郡駅。隣の各駅停車に乗り換え相生へ。ひとまずここで今回の旅は終わります。Photo_5
写真が残っていないのは残念です。またのチャレンジにつながるでしょう。

| | コメント (2)

2007年10月15日 (月)

若桜鉄道

残念ながらこの部分のメディアがクラッシュしてしまいあまり写真が残っていません。
残ったデータから。
Photo 雨の鳥取を7時31分発の因美線に乗車します。少し早い時間ですが本数少ないので早起きしました。
智頭急行の車両は高校生でにぎわっています。約20分で郡家に到着。Photo_2
若桜鉄道に乗り換え。2両編成の列車は高校生を中心ににぎわっています。
しかし次の八頭高校前でほとんど下車して、車内は閑散となりました。
郡家から30分程で若桜に到着。 Photo_4レトロな駅舎です(写真はありません)。
Photo_3駅前はこんな感じです。
駅の奥にはターンテーブルとC12がいます(写真はありません)。
すぐに折り返し。
Photo_5 写真ナイナイずくしで申し訳ないので車窓をお楽しみください。
Photo_6若桜駅発車すると見えてきます。

Photo_7線路際に赤い花がたくさん咲いています。

Photo_8郡家駅。小さな町でした。

先行き不安な鉄道ですが、ローカル色豊かでとても魅力的ですよ。

| | コメント (2)

2007年10月13日 (土)

浜坂駅・かに寿司

今回の旅で気になっていたので手に入れたかった弁当。
何が気になっていたのかというと、おととい少し触れた12年前の失恋?旅行の時にここで途中下車した時に半額で投売りしていたので購入した記憶があります。
こんなローカル駅での弁当販売はと心配になりました。
それから何年か経ってたまたまテレビつけたらこの弁当の特集してました。
心配したとおりまもなく製造中止になってしまい、タレントが店長説得して製造再開するというお話し。
さらに何年も経つ。この駅を通る優等列車はほとんどなくなってしまったのでまた弁当販売止めてしまったのではないかと心配していました。
改札を出ると、ガランとしています。あきらめつつも駅を出れば左にコンビニがあります。
ありました、弁当コーナーに。安心しました。
20071007194417 900円で購入して鳥取のホテルで落ち着いて試食。
いわゆるかにちらしです。とても食べやすいのですが、もう少し上にのっている具が多ければ言う事無いのですが。
20071007194813 12年前も別のホテルでこれを食べているはずですが、どうも思い出せません。ただ、気に入っていた2人の同僚の娘の事で頭の中一杯だったからでしょう。
彼女たちは器量も性格も良かったのできっと幸せに過ごしているであろう。そうあって欲しい。
ちょっとほろ苦い後味になってしまいました。
ところで、弁当買ったコンビニに面白いもの発見してます。
それはカレー弁当。空の容器にお釜からご飯と鍋からカレーをよそれるセルフサービスのもの。
メチャうまそうでした。このプロジェクト(いつからそんな大それた名前に)のクライマックスに食べてみよう。

| | コメント (0)

2007年10月12日 (金)

201系H19(T118)編成

昨日、201系のT118編成、元H19編成が廃車のため長野へと回送された。
H19 H19編成。三鷹駅にて撮影。
T1182 国分寺駅停車中のT118編成。線路切り替え工事の時でしたので「各駅停車」表示になっていました。
T118313 花火大会の応援にも活躍しました。東海313系との出会い。
T1184_2 ちょっと疲れた中間の編成札。実際使われたのでしょうか。

| | コメント (0)

2007年10月11日 (木)

播但線・山陰本線

つづき
高架化された姫路駅の取り残された地上駅から和田山に向かいます。
播但線は時間つぶしで過去2回乗車しました。1回目は客車、2回目はロングシートのキハ28だったと思います。
908 今回、こちらも電化していました。103系です。なかなかの混雑で発車しました。市街地を高架で走ります。お城も見えます。
駅に止まるごとに乗客が減ってゆきます。車窓も長閑になります。
909_2 Photo

約1時間で寺前着。ここからディーゼルカーです。
910 ローカルムード満点でのんびり走ります。約1時間で和田山。911
和田山から山陰線に乗り換え。113系です。846

単線なので豊岡などで停車時間があります。ホームに降りて気分転換ができます。
約1時間で城崎温泉。912_2

キハ47ディーゼルカーに乗り換え。車窓から浴衣を着た人達が散歩しています。ちょっと途中下車して温泉につかりたいですが、時間が無いので先を急ぎます。
トンネルを抜けるたび薄暗くなってきました。913
21年前に初めて訪れた時は旧型客車でした。この時は卒業旅行で友人と餘部まで行きましたが、見え張って「ダサい、ダサい」と事ある毎に口にしていました。しかも頭の中は当時惚れていたクラスメートの女子で一杯でした。
温かみのある旧型客車をダサいと言い放ち、結局声もかけられず卒業してしまった女の子との関係。ある意味一番ダサいのは自分だった。
旧型客車はもういない。その女性も今頃きっといいお母さんになっているかもしれない。しかしのんびりした車窓は当時とあまり変わっていない気がする。914
餘部鉄橋を渡る頃、日が暮れました。925

約1時間で浜坂着。930
ここから鳥取に向かいます。853

後ろがキハ33。珍しいのでその車両に乗車します。
ベースは50系客車。北海道の車両よりオリジナル度は高いです。
真っ暗闇の中鳥取に向かいました。
936 鳥取に着いたのは夜でした。つづく。

| | コメント (2)

2007年10月10日 (水)

福知山線と加古川線

近畿地方と中国地方で南北に結ぶ路線が数多くあります。気の利いたタイトルが思い浮かびません。
ちょっとしたチャレンジでもお約束しましたとおり、少しずつ「乗り鉄」を行っていきましたので関東人の目から見たそれぞれの路線をレポしていこうと思います。
福知山線は12年前の失恋?旅行で行って以来である。その時はデビューしたばかりのタンゴディスカバリーであっさり通過してしまったので余り印象はありませんでした。
さて、苦手な場所大阪。931 第一ランナー篠山口行きに乗車。932

113系です。 
尼崎までは神戸線と平行します。快速電車とデッドヒートが楽しめます。927

寝台列車が写ってしまいました。
尼崎を過ぎれば神戸線を乗り越し北へ向かいます。左カーブにさしかかります。ここで多くの方が亡くなった脱線事故からまだ2年半。そっと目を閉じる。
レールをきしませ現場をゆっくり通り過ぎる。

933_2伊丹・川西池田付近はベッドタウンといった感じです。
宝塚を過ぎれば山の中、とはいえ橋とトンネルで実感沸きません。川沿いを客車列車がディーゼル急行待ちながらゆっくり走っていた時代から20年。
いまや長い編成のステンレスカーが次々とすれ違う路線になっています。934

しかし三田を過ぎればのんびりした風景になります。 935

大村昆氏の出身地篠山口に到着。
駅前を散策します。コンビニなどはありません。ただ、駐輪場、いや自転車預り所が多くあります。これも駅と町の中心が離れているからでしょう。
次は福知山行きに乗車。引き続きのんびりした風景が谷川まで続きます。
937 谷川で加古川線に乗り換え。
電化されていましたとは知りませんでした。鉄失格です。823

938最新の電車とはいえ、のんびりとしたローカル線である事には変わりません。
939子供の頃から気になっていた日本へそ公園です。

940
西脇市で加古川行きに乗り換え。ラッピング電車でした。824

103系もここまで改造されると何が何だかわかりません。
941粟生で下車。

三木に寄ったため続きは厄神からです。終始単線でそれほど都会でもない車窓が続きます。907

高架線になって加古川着。
姫路に向かいます。
つづく。

| | コメント (0)

2007年10月 9日 (火)

2007・中央ドリーム大阪号

東京と大阪を安く快適に移動できるので人気のドリーム号。新宿発中央高速経由のドリーム中央号に乗車してみた。
814 唯一の休憩・境川(旧談合坂?)PAでのバルブ。

新宿駅新南口のバス乗り場です。高島屋に向かう通路の下にあります。ここから始まります。916
少し入った待合室は若い人を中心に多くの人がバスを待っています。
その半分くらいの人がコンビニ袋をぶら下げています。中を袋越しに見れば菓子や軽食やジュースにビール、やたらめったら買い込んでいるようにも見えます。
普段そんな時間にそんな物口に入れないだろうし、深夜に食べれば体には負担がかかる。結局食べないまま朝になるのだからここで無駄遣いせず旅先で美味しいもの食べれば良いのに、とぼやいてしまう。917
写真は見え辛いですが3行目に表示出ました。すぐ上は「尾瀬号」です。かつての上野発沼田行きの臨時夜行急行を彷彿させる愛称です。
918 いよいよ乗車手続。密閉された場所でのディーゼル音と喧騒はやかましいです。919今夜のシートは1階席です。

22時10分過ぎ、少し遅れて発車。100m程走ったところで動かなくなってしまいました。920 前がつっかえています。苛立ちます。921
明治通りが工事規制でした。甲州街道出るまで30分要しました。
初台ランプから首都高速。 922
923_3三鷹バス停にて。ここから中央高速です。 
遅れを取り戻すため、法定速度一杯での運転が続きます。前の座席の男性がモショモショ菓子を食べています。駒ケ岳で乗務員交代が行われました。
926924_2 名神高速走行中明るくなってきました。
928 吹田で下ります。
929 太陽の塔が見えました。
817_26時20分ごろ大阪駅桜橋口着。  予定より少し早めでした。

おまけ。Photo朝食を探しましたら1件だけ営業していました。 ここです。
阪神梅田改札脇の喫茶店です。Mesi 500円でトーストサンド。巨人ファンの自分でも大助かりです。

| | コメント (0)

2007年10月 5日 (金)

201系T1(T101)編成

昨日、201系のT101編成、元T1編成が廃車のため長野へと回送された。
組み込まれたサハ201のトップナンバーもあっけなく終焉を迎えてしまいました。
遭遇率はかなり高かったのですが、T1編成時代の写真は残念ながら撮っておりません。
T101編成。高尾駅にて撮影。こちらは菱形のパンタグラフです。隣の115系の方が古いのですが。T101
反対側のいわゆる高尾側はシングルアームパンタグラフです。
T1011 国分寺駅に進入するT101編成。T1019
T1018 中野にて。仮設ホームの様子からすると3月頃でしょうか。

| | コメント (1)

2007年10月 4日 (木)

常紋峠・挑戦2007

あれは中学生の頃だったか。まだ季刊だった鉄道ダイヤ情報をなけなしの小遣いで買った。
大きな写真ではなかったが、紅葉と留辺蘂の町並をバックに大カーブを走る貨物列車の俯瞰写真が掲載されていた。
いつかは行ってみたい場所であった。
2001年、クルマで付近を走った際、限られた時間で撮影場所を探したがどうしても辿り着くことが出来なかった。でも川に面した崖の上ではなかろうか、と目星をつけた。
さて今年、網走から鈍行で西留辺蘂に14時3分到着。後を特急と貨物が続いているので早めの行動をとる。まず国道39号に出て交差点を右折し242号を遠軽方向に歩く。ゆるやかな上り坂だが急いでいる時は負担になる。
橋を渡り、右手方向から線路が近づいてくる。国道と線路が並行する。線路の反対側の山の木々が伐採されているので、そこをよじ登ってゆく。植樹されているので傷つけず気をつける。
多分ここであろう。どうにか間に合いました。枝の隙間からレンズを構えます。
Photo 上りオホーツク。網走で一緒に行動したove250氏が乗車していました。
Dd51 そして貨物列車。ゆっくりと走り去りました。
この場所も紅葉の季節を迎えるでしょう。

| | コメント (0)

2007年10月 2日 (火)

2005・ドリームにちりん

九州のうまいものねぇ、やっぱ地鶏かな。大分出身の美容師の友人U君が理髪しながらそう教えてくれた。
なにせ、ほとんど初めてといって良い九州である。まだ宮崎のセールスマン知事は登場していないので、友人の助言はありがたい。

さて、宮崎。5月とはいえ蒸し暑い高千穂ハイキングを行ったため汗だくになってしまっていた。ひとまず風呂に入りたい。
古い資料片手に風呂屋を探したが、どれも廃業している。降参して駅員さんに聞くと少し離れた所のホテルを紹介してくれた。
サウナに入り汗を流し、満足して駅へ戻る。広い道路にライトで照らされたフェニックスの木々が南風に揺れる。南国情緒を感じさせる。
駅の裏手に大きなスーパーがある。地元産の焼き鳥と缶ビールを購入し、浮き足立ちながら駅へ戻り南宮崎へ。
南宮崎。かつては東京からの寝台特急の終着駅でもあったが、駅前には人の気配は少ない。国道を歩けばレストランやコンビニなどがあるのを知ったのは翌年でした。
乗るべき列車はすでにホームで待機していた。ホームの明かりに照らされギラリと輝いている。
ハイパーサルーン。JR九州初の特急車両。民営化に際しポンコツ名車ばかり押し付けられた九州が起死回生で作ったと聞く。リニューアルされてサイボーグの様なスタイルは今なお新鮮である。
ドリームにちりん号はかつて急行日南の後継と位置づけられれば今日乗車するグリーン車はかつてのB寝台扱いか。2
23時43分南宮崎発車時点では乗客はまだ少ない。12席あるグリーン車も独り占めである。疲れた体に心地よいシートと焼き鳥にビールが染み渡る。
大淀川を渡り宮崎着。乗客が増え始める。砂土原、高鍋、日向市と停車していくうちに少しずつ乗客が増えてゆく。
延岡を過ぎた頃、意識を失う。

速いテンポのジョイント音で目が覚める。「次は宇佐」の表示である。大分での長時間停車は夢の中であった。Img
空が明るくなり始めた。5月であるので九州でも日の出は早い。Img_0001 柳ヶ浦をすぎればすっかり明るい。
高架駅の中津を発車すれば福岡県。右手に時たま海が見える。次々に駅を通過してゆく。行橋。途中で追い抜いた始発列車を待つ乗客たちがいる。駅は朝の顔になっている。
だいぶ住宅も密集してきた。まもなくアナウンスの後ガタゴトとポイントを渡り小倉着。ここでグリーン車も大半の乗客が下車してしまった。座席の向きを変えると運転席のブラインドを開けてくれた。
小倉を発車。全面展望を楽しむ。大きな工業地帯に突入。Img_0002 八幡である。Img_0003 煙突の横を通過したとたん雨が降ってきた。視界がきかなくなっている。
最後の停車駅、赤間を発車。雨はあがった。しかし速い。
4 列車とすれちがいます。5
香椎で先行列車を追い抜きます。
6 吉塚付近。終点は近い。
8 博多に到着。ちょっとした荷物輸送も行っています。
Img_0017 到着シーン。8月撮影。

| | コメント (0)

2007年10月 1日 (月)

田無・揚州商人

バイクを処分した。刀の方。西部警察でも使用される程個性的でカッコよかったが手放した。その理由、
○故障が多い(これが致命的)。
○セパハンであり、乗車時の負担が意外と大きい。
○250ccであり、大排気量に乗り換えたくなった。
○90ccのスクーターを貰った為、置き場所がなくなった。
で、最後にひとっ走り。折角なので駅から遠いこの店に食べに行った。青梅街道沿い田無タワーの南側です。

20070915121410 揚州商人。中国の食堂をイメージした様なお店です。他にも都内などに店舗を構えています。20070915121331
昼時前だったので比較的空いていました。酸辣湯麺(スーラータンメン)880円を注文。
冷たいジャスミン茶がありがたいです。
過去にも何回か足を運びましたがどういうわけか女性同伴時の来店が多かった気がします。
メニューを見ると、食材は中国から輸入している物もあり、品質管理についての安全性の文が書かれています。20070915115336
10分待たずに出てきました。しっかり混ぜて食べます。というのは以前、ろくすっぽ混ぜずに食べたら上がラー油、
スープの下の方がお酢の原液というまさに酸っぱい思い出があります。
とろとろのスープです。刀切麺を頼んでましたので極太平麺です。20070915115420
とても熱く酸っぱく辛い。体中から汗が吹き出ます。口が麻痺するほどでもないですが、刺激的です。しかし後味が良いのでまた食べたくなる心境になります。
真夏に向いているかと思いきや、やはりイマドキの涼しい季節に食べたいものです。

バイクですが、ガソリンが高騰しているのでしばらく経済的なこのスクーターと付き合っていこう、とも思う。

| | コメント (5)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »