« 201系T11(T111)編成 | トップページ | 生田原・ノースキング(レストラン) »

2007年8月27日 (月)

生田原・ノースキング(温泉)

遠軽町に吸収合併された生田原町。ここにある温泉宿泊施設をご紹介いたします。
いわゆる温泉・ホテル・レストランなどで構成された公共の宿です。131
さびれた小さな町ながら駅前ということもあり地元の人や観光客でなかなかにぎわっています。20070817183537
北海道を訪れるたび立ち寄っています。正直自分の最も気に入った温泉施設です。
併設されている温泉は500円。脱衣所へ足を運ぶと棚に籠がおいてあり、銭湯といった感じです。
浴場に入ります。浴槽は4つ。右から高温湯、低温湯、マッサージ、薬草湯です。湯温は38~41℃くらいです。他にサウナ、水風呂、打たせ湯があります。
ひとつの浴槽に5人も入れないくらいの大きさです。小さな町なのでこれで十分でしょう。
洗い場は7~8人くらい使えます。
旅の疲れを癒せます。ただ、温泉の質でしょうか。一部(大理石敷きの部分)かなり床が滑ります。注意が必要で、床の改良を求めます。
ひとっ風呂浴びて休憩所で休憩するも良し。レストランで併設するも良し。

|

« 201系T11(T111)編成 | トップページ | 生田原・ノースキング(レストラン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 201系T11(T111)編成 | トップページ | 生田原・ノースキング(レストラン) »