2022年7月 3日 (日)

イベント「朝から夕まで455」 2


Gedc0085 駅から5分くらい歩いたところにあるD51ミュージアムがあるので覗いてみることにした。
1000円払ってお邪魔する。
Imgp2114 外にはD51がいる。残念ながら時間の都合で走行は拝めなかった。
Imgp2113 扇形機関庫の中には413系の片割れがいる。貨車とDLも保存されている。
Gedc0093 それだけだった。
しかし、どれもじっくり観察でき、退屈しないひと時を過ごせた。おかげであやうく乗り遅れるところだった。

| | コメント (0)

2022年6月19日 (日)

イベント「朝から夕まで455」 1

到着した妙高高原で在来線に乗り換えます。。
Gedc0053 在来線は、えちごトキめき鉄道という第三セクターになっている。
小回りが利くらしく、様々なイベントを手掛けている。
その一環として、この455系413系を観光用に仕立ている。

Imgp2095 さて、「赤倉」ヘッドマークを付けて入線。
ちなみにデジイチは、このカットを最後に自動ピント合わせが死亡した。Imgp2096
指定された席に着く。Gedc0056 妙高高原に向けて発車。
社内検札というより座席確認を受けた後、テーブルに置いてある紙袋を発見。

Gedc0059 何も書いていなかったが、開けてみた。
Gedc0060 新潟産コシヒカリを使ったおにぎりとお茶だった。
新幹線の中で(前日買った)サンドイッチを食べた後だが、この米はうまい。

Gedc0080 坂道を上り、スイッチバックも経験して妙高高原に到着。
Gedc0073 折り返しまで撮影タイム。

こんどは直江津へ引き返す。
Gedc0063 今来た坂道を軽快に下る。
Gedc0076 この辺りは雪深いのだろう。

直江津に到着。50分の休憩タイム。

| | コメント (0)

2022年6月14日 (火)

5月4日

大型連休のときの事です。
今年は外出制限も解除されたので、堂々と出かけることができる。
2019年夏の奥日光が最後だった。

Gedc0049 さて東京駅。早起きは問題ない。

Imgp2088 この形の新幹線に乗るのは初めて。

Gedc0052 約2時間で上越妙高駅に着く。早い。
天気は快晴だ。Gedc0054

| | コメント (0)

2022年6月12日 (日)

自宅療養中 3

すみません。また更新が遅くなりました。

勢いで購入したタミヤの1/24日産スカイラインGT-R。
Gedc00462 一度は乗ってみたい車。モデルは第二世代のR33型というものです。

この車がデビューしたのは1995年1月。当時今以上に無知だった管理人は、コレが欲しくてしこたま金を貯め続けた。
ニューモデル→即納車したくて、車両本体価格くらいまで貯め込んだ。
その矢先、「阪神大震災」「地下鉄サリン事件」と立て続けに災いが起き、マスコミの騒ぎぶりもあり、気が失せてしまった。

代わりに購入した車は、「三菱ランサーEVO3」。ややリーズナブルなため、当時の懐具合にも余裕ができた。
かなり高性能な車だったが、目立つ外見もあり、この飽きっぽい人間が5年乗り続けていた。
今思えば、大変贅沢な選択肢だった。

Img_0002_20220612122201 手放す前に撮影しました。2桁ナンバーが時代を感じます。

それからずいぶん時は流れて、今なお当時の選択は正しかったか、無理をしてでもGT-Rを買っておけば良かったのか。

実車は中古ながら新車以上のプレミアムがついて、さらにノーマルで残っている個体はもういないだろう。

模型はDD51を組み立てた経験から、メーカーの出来の良さもあり、比較的組みやすかった。
完成してからの感想として、当時20代の若者には、やや高級すぎたかも。

| | コメント (0)

2022年5月 3日 (火)

自宅療養中 2

さて、家から出られない時間を利用して、次に作ったモノは、

ジャンクで購入したHOの165系。
5ミリのプラパイプを押し込んで、シールドビーム化を行った。
youtubeで80年代の洋楽を作業用BGMで聞きながら行うと、集中力が続く。
Gedc0024 Nゲージ時代からこんな事やって足掛け38年。

ちなみに買ったモノは0番台なので、中央線に入っていないらしい。
なので、モハ車のベンチレーターを後期タイプの配置にした。屋根の塗装が微妙に違うのはご勘弁を。
さらに、クハにジャンパ栓を追加した。いずれも残パーツの利用です。
Gedc0048 169系になりました。

| | コメント (0)

2022年5月 1日 (日)

自宅療養中 1

発症から2日~3日すると、熱が下がり、徐々に回復に向かっている。
家から出られない。
では長らく放置していたことを順次やっていこう。

まず手を付けたのは、カメラの修理。
機種はペンタックスK-30。

あまり稼働率は良くない。
シャッターは降りるが、画像が真っ黒になる現象。
検索すると「黒死病」という状態だ。

たまたま同じ写真を2枚撮った時の画像。

Imgp2003_20220501104301 本来、こうあるべき写真が、以下の通り、Imgp2002真っ黒になる。

先日、修理に出したら、部品が無いということで、修理不能で戻ってきた。

処分するつもりだったが、その前に直してみる。

Gedc0029 原因は、ピンセットで掴んでいるこのA型の部品。磁気を帯びてしまったためらしい。
部品の一部をテープで止めて、本体と少し隙間を作って設置。

元通りにするとき、ネジ1本が磁石でカメラの中に吸い込まれて行ってしまった。

しかし結果としては無事に撮影できた。ただ、読み込みの速度が遅い。
10年モノなので、CPUが劣化してきたか。

| | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

2021年のまとめ 2

動くことができないので、更新します。

2021年8月15日(だったっけ)、唯一の遠出であった。それも日帰りで。

東京は緊急事態宣言のさなかであった。

Imgp1999早朝の東京駅。「のぞみ」で新大阪に向かう。Imgp2001

2時間半の乗車で、新大阪に終着。Imgp2003

乗り換えて、西に向かう。構内の売店を冷やかす時間もなかった。Imgp2004 「さくら」でさらに3時間近く乗車。博多へ。

Imgp2007 もう昼になっていた。

Img_0390まずは「純情ラーメン」で腹ごしらえ。他に行きたい店があったが、15年経つとその店の場所も覚えていない。Img_0393イベント会場へ足を運ぶ。

ここ博多での滞在時間4時間。建物から1歩も外に出ないまま・・

Img_0403

16時15分の東京行き自由席で帰宅の途に着く。Img_0405

駅ビルの地下で購入した焼き鯖弁当。丸ごと食べられた。Img_0406

疲れもあり、この美味は今でも忘れられない。

Img_0407

乗車時間13時間以上の日帰り九州旅行(?)を終えた。

| | コメント (0)

2022年4月15日 (金)

【不覚】管理人、コロナ感染

4月11日の朝、出勤すると、なんだか体がだるい。その日は、あまり人と接触せずに午前中で帰宅した。

体温:37.1度

翌日12日、同様に出勤したが、熱が下がっていない。全員に帰宅を促され、体温計を拝借し、会社を後にした。

体温:37.1度

途中、どうにか医者を探し、転がり込んだ。待合室で随分待って診察してもらったら、コロナの疑いがあるので、近所の病院でPCRを受けさせられる。

体温:38.0度→38.6度

衝立だけの簡単な個室で長時間待たされた(この時が一番きつかった)。唾液検査をし、結果は翌日とのこと。

別の場所で薬を受け、その場で服用した。

体温:37.6度

自宅待機中の13日朝、胡散臭いSMSが入り、その後、保健所からのSMSが入る。昼近くに病院から電話で「陽性」と伝えられた。

体温:38.0度

症状:喉がとにかく痛い

さてどうするか。まず、会社にメールで報告をする。当分の間、出勤停止になる。

とりあえず最小限の食べ物は翌日朝まで。マンション管理室へ相談したら、その間、用意してくれるとのこと。

並行して、保健所や市などからも電話連絡があり、喉が痛く声が出ないのに名前生年月日最後のワクチンなど同じ質問をされ、怒りを覚える。ホテル療養を強く勧められたが、徹底的に断った。

14日、保健所からのやりとり等くらい。落ち着いてきたが、時折喉の奥に釘が刺さったような痛さがある。

Gedc0014 この日の昼からマンション管理組合にお願いして宅配してもらっている弁当。最初は温かくて有難かったが、段々同じ感じで飽きてくる。さて、この先いくら請求されるのだろうか。

体温:37.1度

物凄く痰が出る。便通も久々。

Gedc0015 市から救援物資とパルスが届く。

15日、落ち着いている。ただ、夜中に喉が痛く、2時間おきに目が覚め、洗面台へ。

体温:36.7度

物凄く痰が出る。

味覚、嗅覚の異変はありませんでした。

文章を一部変更しました。

| | コメント (0)

2022年1月 1日 (土)

2022年 一発目

みなさま、あけましておめでとうございます。

とはいえ、2021年もこのブログ、ロクに更新もできず、さらに年内に纏められず申し訳ないです。

さて、毎年恒例ですが、初詣に行って参りました。

年々、参拝者が増えるので、昨年から、午前6時を目安に行ってきました。Img_0522 まだご覧の通り、空いていました。

昨年は露店が出ず、6時半開門だったので、寒空の下で随分と待たされた。

今年はすんなり入れて、待ち時間ほぼ無し。寒さを感じない人にはオススメです。

この日の東京の最低気温はマイナス1℃、八王子はマイナス7℃だったかと。Img_0524

帰りに頑張って富士山が見えるスポットまで探しましたが、ようやくありつけました。

寒かった〜。本年もよろしくです。

| | コメント (0)

2021年12月31日 (金)

2021年のまとめ 1

皆様、長期間にわたって更新が滞って大変申し訳ございません。


「ブログを更新する」行為が生活スタイルから外れてしまったのが原因です。
毎朝4時半目標で起床しています。

一年間、相変わらず一部の人たちのコロナ騒動で振り回され、その人たちは感染者が増えたら増えたで喜んで、
あたかもこの世の終わりの騒ぎ方をし、ここ数カ月落ち着いているこの国の現状を見て、なんだか物足らなそうにしているとしか見えない。

さて、その落ち着いているときの行動。
2021年2月、マラソン大会。新宿シティハーフマラソンが中止になり、地元の大会に参加。
新宿大会に合わせるつもりの1月末を予定していたが、悪天候により、2月に実施した。

前年同様10㎞にエントリー。初めてもあるが、この様な地元の大会なので、冷やかしも少ないだろうから、かなり緊張した。
この大会はフル・30キロ・ハーフ・10キロを30分刻みでスタートする。ハーフがスタートし、20人余りのランナーがスタートを待つ。
初参戦なので列後方からスタート。狭いサイクリングロードを稲木大橋方向に走る。序盤で一気に抜いて自分のペースを作る。
1キロのポイントから手元の時計で4分20秒。少しペースを落とす。2.5キロで折り返し。上流の関戸橋方向へ。
ロードは占有していないので、サイクリング車や犬の散歩をしている人をよけなければならない。
ひたすら平坦な直線をマックスで走る。給水は折り返しスタート地点に戻った5キロで1回。
額からはすごい汗。河川敷は景色の変化は少ない。集中して折り返し、再度スタート地点へ。
体はどこまで持つか、最後は強風に煽られることもあったが、ペースを落とさずゴール。
タイムは47分前半。順位は6位。素人がこの結果は我ながら驚愕だった。Img_0349

第5波が落ち着いた11月。
ここで2年ぶりの水泳大会が行われたので「吉祥寺」チームから参加。
今回写真撮っていませんので画像は古いものです。
とはいえ、最小限の開催なので、リレー等は無し。
せっかくのレジェンドの称号である「20回連続出場」表彰はなかった。
エントリーは200m個人メドレー。後があるので、体力を残しつつ攻めた。
3分20秒で4位。一時期よりだいぶ落ちたが、仕方ない。
もう一つは100mバタフライ。個人メドレーでの疲れが出て、ラストスパートがかからない。
とにかく完泳。1分40秒かかったが2位。どちらもライバルが少ないので、上位に入れた。Dscn0026

さて12月。
2月と同じレースに今度はハーフマラソンをチャレンジしてみた。
63人の参加者で競う。後列からスタート。最初に1kの端数を往復。5分30秒。まずまずのタイム。
その後、少しペースを上げて数人を追い越して1回目の折り返し。なるべく落とさずに関戸橋方向に。
途中、何回かサイクリング車に接触しそうになる。バーベキューの煙を浴びる事もある。
快晴であり、景色はいいが、変化が少ない。折り返して戻る。大学生の2人が前方を走っている。
パスを試みてしばらく様子を見る。スタート地点に戻り、2往復目。抜くどころか、徐々に引き離され始めた。
2回目の折り返し。足が上がらなくなり始める。長い。給水のドリンクが手に溢れてベタベタだという些細な事が気になる。
歩こうか、途中で折り返してしまおうかという気持ちにもなる。しかし折角参加したからには最後まで走り切ろう。
最後の折り返しで、1人抜かれる。どうにかゴール。
タイムは1時間53分。はじめてにしては上出来だった。

 

Img_0502

また忘れないうちに更新いたします。

 

| | コメント (0)

«久々の更新ながら、緊急事態宣言中ですが